20210326 自粛明けは房総半島でデカいアジを狙う【3/3】初ポイント調査

外房, 釣り, 釣行

スポンサーリンク

20210326 自粛明けは房総半島でデカいアジを狙う【3/3】初ポイント調査

初めての場所。

色々情報収集しながら、昼間からマズ目にかけて、目論み通りのいいサイズのアジを釣ることができた。

記録:釣り場NO.13

そんな入れ食いというわけではないけれど、狙っての25センチオーバーである。

その収集した情報や常連さんとの会話での中、この港。
水銀灯が点灯すると思っていた場所だけど、点灯せず。

どうしたんだ?

記録:当日の仕掛け

アジの当りも遠のいていた20:00。

 

ランガンしよう

回遊で釣れる要素も無くなったと思ったので、こちらから迎え撃つべくランガン練習をすることに。

ロッド:ライトワインダー610TZ

といっても、いっつも満足にアジを釣ってからなので中途半端。
今回もそうかもね。

 

というのも、今回の場所からのランガンできるポイントは結構離れている。
アジポイントの最北端の勝浦御宿方面まで、20時前後から動く気力があるかどうか。

ここまで坊主、釣れていなければ狙いに行くだろうけど。
気持ち的には数か所投げてみて、判断早く動こうという趣旨。

 

ランガン1か所目

昔来たことのある港。

車進入禁止になっていたので、進入せず。
以前1月頃かな、カマスが釣れていた場所。

記録:釣り場NO.14

常夜灯があり、先行者がいたので、後ろでやるべく挨拶。
何やらアタリはあるようだ。

リグは少し重めということで2グラム程?
おいらは1.2グラムのジグ単とスペシャルな卑怯な仕掛けを使用。

参考:OZタックル「ライトワインダー610TZ」

これはまともなジグ単。
内側や外側、彼の邪魔にならない場所に一応声掛けして、お互い軽く会話してから投げる。

 

彼の後ろ、港内を投げる

今回はもう慣れたので水面直撃はほぼない。
0.6g程度になると、たまに指にかかりすぎて直撃する。

分かる人にはわかる場所で申し訳ないが

いくつかルアーをかえて、場所を変えて、15分程常夜灯の周囲を撃つけどなんのアタリもなし

先行者にお友達も合流されたようで、おいらの場所を使ってもらうべく。

次に行こう。

 

車に戻りがてら

帰り際港内を撃ちながら。

記録:釣り場NO.14

と何か触った感じがしたので合わせる!!

一応、底どりしてからシェイクスローアクションだった。
PEなのでビンビンきた。

と、ジジジっと、同時に下に絞る強烈な引き。
PE0.4なので半ば強引にやり取り、ドラグも強めにしていた。

参考:1000円台だけど充分

何度も下への突っ込みをいなしながら、しなる柔らかめのロッド。

きっとマイナーな?OZタックルの『ライトワインダー610TZ』はMAX6gまで背負える竿。

そのしなる画像は想定外だったので撮っていないけど。
過去の釣行では、こんな感じw

ブランクスの色味が珍しく、好きな竿でマハタやガシラをジグ単で釣る

ズボッっと抜き上げ、見事に着地。

ナイスサイズのアジである。

記録:釣り場NO.14

まさかねぇ~。こんな奥地で。

さきほどの先端アングラーに申し訳ないくらい。
ま、常夜灯あればないこともないのか。

 

あわよくば?

その後、あわよくばを少し続けるも、異常なし。

30分程でこのポイントは終了。
身軽だからすぐに諦めがつく。

はぐれメタルならぬ、はぐれアジだったようだ。
いきなりクライマックスが来てしもうた。

次はお隣、数年前おいらと友人がデカアジ釣った場所に移動。

 

ランガン2か所目

またしても入るルートを間違え、Uターン、到着するも、以前より暗い。

何年か前、ムツを釣った場所も常夜灯が消えて真っ暗である。

記録:釣り場NO.15

うろうろはしたけど、なんともこれは期待できないではないか。

想定とは違ったので繰り出さず。
今思えばもう少し試行錯誤してもよかったのだがw

 

残念である

アジ。
意外な所でいらっしゃることもあるしね。

ということで現時点のポイントの情報を収集しただけで竿を出さず、21:00になった。

の場所から次の常夜灯のある場所、までは少し距離があるし面倒だ。
もう、この考えが若くないw

参考:こいつで車中泊する?

充分満足なサイズも釣れたし、今回の2021年前半のアジ釣りはこれで納竿かな。

ということで帰路に就く。
今帰れば23時には自宅に到着するだろう。

大体満足すると当初の計画を端織る悪い癖。
だって疲れたんだもん。

 

アクアライン強風&制限速度

事前情報からどうもアクアラインが強風のようだ。

以前何度か前、通行止めになって蘇我回り道でガソリンランプ点灯でピンチになったこともあった。
今回は時速60キロ制限なので、風はそこまでではなさそう。


でも、釣りの最中も友人から「都内が暴風だけどダイジョブ?」的なチャチャ?が入った。
釣りはほぼ風のないいい環境だったけど、都内は多少風があったっぽい。

後から風速確認すると都内でも3m超だったからそこそこ吹いたので。

 

のんびり

のんびり帰ることにした。

途中ヤックスでも寄り道しようと思ったけど、やめて鴨川道路から館山道に抜けアクアラインへ。
来た時とは違う道、いつもの道でスムーズでラクチン。

若干違うルート。

都内でやるには高い趣味だよね、海釣りって。
車に道具にエサにガソリンに。

つくづく豊洲や漁港の朝市で仕入れた方がコスパいいと感じるがw

アクアライン手前の木々が揺れまくっている。

先の情報60キロ制限の中、クルコンで70キロ程度走行。
趣味車のジムニーシエラにしたいけど、都内使用&長距離移動が多いと今の車が一番楽ちんなんだよなぁ。


一応SUVなので背が高く、多少ハンドルに横風感覚あるけど、全く問題ない。

 

お急ぎの車あり

後ろから車来たので早めに走行車線に。
追い越し車線隣を懐かしいレガシーGT-Bが行く。

600キロ2回給油しなきゃいけなかった

昔おいらの乗っていた車。
安物のレーダーが鳴る。

そのはるか後方から、そこのけそこのけ、ですごい勢いのBM?
いやお尻を見るとトヨタか。

紺色の車。

おいおい制限超過の中、よくそのスピードで走るね。
テレビ見ながら、100は出てるぜ?っと、普通に思った。

 

まさかの事態

さぁ、海ほたるから地下に潜るから横風も無くなるか、と思って侵入直後。
サイレンが聞こえる。

なに?

レガシーが後ろを走らされている。

パトカーに って、君速度違反。

なんとぶっ飛んでいた紺色車が覆面w
パトカーに続け、だと。

なんだそれ。
個人的にレガシーはそんなに早くなかったぞ?
覆面の方が早かったし、その時点ではレガシーはもっと先にいたはず。

 

かわいそうに。

レガシー兄ちゃんは必死にパトカー撮影してたよw
おいらも?

 

ドラレコにその時の映像が一部始終映っているから、証拠で支援してあげてもいいけどね。。。
おいらの車のクルコン履歴と。

というのを経験しながら、無事帰宅。

晩酌中

荷物の片づけをして晩酌。
鴨川からは早くて、都内自宅まで渋滞なければ1.5時間である。

 

今回の自粛明けデカアジ半日調査の釣果

25センチ級のアジが12本、20センチくらいが3本、ウミタナゴ3匹、サッパ3匹。
これ以上乗らないw

25.5センチのバットを横向きに使える。

参考:バット

数は少ないかもだけど、初めての場所、サイズ狙いで想定通りのサイズが出たことに思いのほか満足。
捌きも飽きないくらいで済んだ、と負け惜しみでポロリと。

まぁ20本くらいもあれば充分満足だろうね。

 

食す愉しみ:1回目

参考:釣り魚料理図鑑 ウミタナゴ

アジ以外は土鍋の魚炊き込みご飯や、ママカリで食べる。

外道でも好物

雑に晩酌

ブリとマグロと合わせて。

昔、この時期に釣ったアジが味気なかったことがあって、少し心配したけど、食べると肉厚でぷりぷりでうんまいのなんの。
やっぱ漁師や釣り人は旨い海の幸を食べてるんだなぁと再確認。

 

食す愉しみ:2回目

生魚なのできちんと処理して4日以内に食べる。
臭みは一切ない。

切り身の大きいのが口に合う

今は糖質コントロール中なので、ハイボールの肴や五穀米の土鍋ご飯と合わせて堪能。

2・3日目の身の甘味・濃厚さ、この味、やめられまへん。

 

 

自粛明け3月後半の南房総のアジ総括

で、今回の釣行で2021年前半のアジ釣りはおいら的にはシーズン終了かな。

いや、わからんぞ。
5月までに、あわよくばもう1回行ってもいいかもだけど。


過去の経験上、4月以降の房総半島でほぼ釣れる確証が持てない。

きちんと⇒ 房総の釣果情報を参考にしてね。
以降はイカ、シロギス、タコ、青物、ハゼを経て、2021年後半のアジへのリレーである。