【ロッドインプレ】宇崎日新N’S遠投(エヌズ) 4号-3.6m カゴ・投げ・万能釣りに新規購入

道具, 釣り

【ロッドインプレ】宇崎日新N’S遠投(エヌズ) 4号-3.6m カゴ・投げ・万能釣りに新規購入

手持ち総括すると?

釣り再開して5年ほど。
今持っている竿の特徴と感想。

4号4.5m 2本(PTS2本)

dav

シマノのホリデー磯・ランドエンド。
テトラ越しのみの使用でいい。
和田・興津・松部・天津とかねw

 

4号4.0m 2本(PTSとフジシート)

dav

シマノのホリデー磯と宇崎日進のプロステージナンバー磯。
前者はPTSがいい、少し強め。
アジから泳がせまで。なんでもござれ。

 

2.5号3.8m 1本(シマノボーダレスBB380HT)

dav

軽くて硬すぎず、アジの口切れ抑制の柔らかさ。

だが、ガイド径が小さいのが気になる。

 

2.5号3.7m 1本(シマノのボーダレス370HH-TK)

dav

ライトカゴ・シロギス・軽くルアーの万能竿2.5号相当。
言い換えれば中途半端な?キャラのたっていない4万くらいの竿。
オークションでも3万円越え。

そんだけ払うか?

先日、ここ、で購入してしまったw

 

外房堤防カゴ釣りで追加したかった条件

5年ほどで到達した最適ロッドの条件は。

PTSであること

mde

リールがぐらつくのは嫌い。

3.5m前後であること

mde

場所によっては長いのは無用の長物。

 

3号竿クラスであること

4号だけど、シマノに比べて、宇崎のはワンランク柔らかい。
あきらかに口切れ予防になっている。

 

コスパ

所詮アジ狙い。
重くなくて自己満足できればそれでいい。

 

遠投モデル

これこれ!!
これがいいのよ。

mde

ガイドが小さいと、投げたり、巻き上げの時、「カクン」と、ウキ止め糸の抵抗を感じることがある。
ボーダレスと同じガイドだ。

dav

 

総括?

上記条件で色々探すと、同じような汎用性で

 

  • シマノ ホリデー磯
  • 宇崎日新 N’S遠投
  • 宇崎日新 コウテイタチウオ

のロッドが候補、目に入った。

 

我がメインロッドのシマノホリデー磯は、その長さ3.5mで、PTS仕様がなかったのでパス。
他にもコウテイ太刀魚竿のロッドの先が白いのとか食指が引かれたのだが。

dav

宇崎日新N’S遠投(エヌズ) 4号-3.6m を購入したのである

  • 全長:3.60m
  • 継数:4本
  • 仕舞寸法:108cm
  • 自重:185g
  • 先径:1.7mm
  • 元径:22.3mm
  • 適合ハリス:4~8号
  • 錘負荷:8~12号
  • カーボン含有率:97%
  • オールステンレスSICKガイド(KM&KWMガイド)
  • DNPSシート
  • グリップ滑り防止処理
  • 日本製

メーカーのうたい文句

価格なりの商品ではなく、それ以上の性能をより体感していただけるようNISSINのノウハウを活かし作成されたさらなる意欲作。

軽量ながらも、粘り強く操作性の高いブランクスを採用、シャープな調子を実現しながらも使い手を選ばない調子設定。
シートには大型リール対応のDNPSシートを採用。

更に特筆すべき最大の特徴はKM&KWMガイドの搭載
ルアーロッドや投げ竿でその糸絡み自動解除機能が実証されているKガイドを「N’S遠投」では、いち早く搭載し実釣時の糸絡みの軽減を実現。

削ぎ落とせるものは、削ぎ落とし、遠投竿に求められる性能を抽出し実釣で信頼出来る性能を確保。
そして国産品でありながら脅威のコストパフォーマンスを実現した商品。

エントリーの方に入り易いモデルとしての価格を実現しながらも、セカンドステージへステップアップされる方々にも十分お使い頂ける性能を実現。

おいらの汎用使用目的

sdr

軽く、シロギス、カゴ釣り、太刀魚、フカセ。
そして、泳がせもできて粘りもある取り回しのいいロッド、おまけに日本製。

欲張りである。

でもボーダレスじゃないからルアーはできないかもね。

 

おいらのメインロッドとのしなりの比較

dav

同じく240gの30センチくらいの魚のしなり。

 

ボーダレス370HH-TK

これはボーダレス370HH-TK 2.5号相当のしなり。
ルアー投げれるだけあって、他より若干張りのある感じ。

dav

330も欲しい。

ボーダレス380H-T

廉価版BBモデル、2.5号竿のしなり。

dav

こいつは本当に口切れしなくアジを寄せてくる。
ただし、ガイド径が小さ目。

シマノホリデー磯400PTS

定番の4号竿。

dav

泳がせからタコまで使った、なんでもOKのおいらのコスパ最高の定番ロッド。

 

これが今回のNS遠投360の4号竿。

 

今回購入、N’S遠投 4号 360

dav

うん、4号であるが日新の竿は少し柔らかめなのは、プロステージナンバー磯4号4.0mを持っているのでなんとなくわかっていた。
しなやかな感じだ。

個人的には3号くらいのイメージ。
狙い通り、いいぞ。

手に入れた総評

硬めのシマノのレパートリーに置き換えると、
3号竿の3.5mサイズとおいらの探していた、取り回しの良さのロッドにドンピシャ。

 

ボーダレス370HH-TKを半額で手に入れた気分である。

早速次回のカゴ釣りで使わなければ。

dav

上から今回のNS遠投3.6m4号、真ん中ボーダレスBB380H-T2.5号、下がボーダレス370HH-TK2.5号。

 

竿尻は地面と滑ってほしくなく、加工。

dav

 

dav

これ でグリップも加工。

金属系はすべるのよ。

mde

綺麗にできた。

 

玄人で磯でない限り、おいらの行く堤防メインなら3.3m-4.0mが取り回しもよくて一番使いやすい。
長いと操作性も含め、慣れていないと絡んだり、後方影響がでる。

 

特に混んでいる釣り場なんかでは長いのは迷惑で、引っかけたら事件になる昨今。

 

今ならポイントバックからして、 これ が最安値。

 

ルアーもパックロッド9.6ft、つまり3mくらいの竿があるからそっちで愉しむのだ。

 

次回は、結構釣れ盛っている 先日の外房アジ釣りの釣果を予定。