20ツインパワーC2000Sのインプレ|巻きのライトゲームに最適!!

道具

〔PR〕本ページはプロモーションが含まれています

スポンサーリンク

20ツインパワーC2000Sのインプレ|巻きのライトゲームに最適!!

1月中旬からこの1か月近く、最強寒波の流れなので2回ほど釣りの機会を延期している。

ということで、ストレスフル、道具追加の流れだw

おいらのメインは食べておいしい小物釣り。主にアジとカマスとカサゴが好きだ。

ブルーカレント76TZと19ヴァンキッシュ2500Sを使い伊東で釣れたカサゴ
ブルーカレント76TZと、19ヴァンキッシュ2500S

房総半島では秋口から冬にアジのシーズンを迎える。

たらふく楽しむと同時にある魚種のシーズンも遅れてやってくる。
具体的にはカマス。

プリプリテールで釣ったカマス
丁度いいサイズのプリプリテールで釣れた

簡単に釣れて、食べておいしい、格好のターゲット。

カマスはタダ巻きで釣れるのだ。

 

手持ちのリール

シマノ中心でC2000~2500番手をメインにライトゲームリールとして使っている。巻きの立ち上がりの軽いクイックレスポンス系が結構好きだった。

2500番以下今の手持ちは

シマノのライトゲームリール各種
各リール最安値
▶18ステラ C2000S
アジング
▶19ヴァンキッシュ 2500S
アジング・カマシング・エギング
21ソアレXR C2000PG、C2500S
アジング・カマシング

 

2500番以上今の手持ちは

▶17サステイン 3000XG
ライトカゴアジ
▶17ツインパワーXD C3000XG
ライトカゴアジ・ライトショアジギング
20ツインパワー C3000MHG C5000XG
エギング・シロギス・ショアジギング

ライトゲームの「巻きの釣りリール」が欲しくなった

Right Caption

まぴこふん

密巻きは嫌い・・・
構造的に・・・

但し、22ステラで導入開始された密巻きはトラブルを気にしながらの釣りになるので嫌いだ。

22ステラのライントラブルの多い密巻き
密巻き

つまり22ステラや、23ヴァンキッシュは今後購入することはない。

そして、ツインパワーやソアレやストラまで密巻きになるならもしかしたらダイワに移るかもしれない。

ブルーカレント76TZと20ツインパワーC2000S
20ツインパワーC2000S

ということで、密巻きになる前に巻きの釣り用に20ツインパワーC2000Sを導入してみた。

Left Caption

おくさま

まぁた買ったの???
Right Caption

まぴこふん

中古だし!!w
2万円台だったし!!

信頼できる店で中古でだけどねw

 

20ツインパワー C2000Sの基本情報

20ツインパワーのイメージ画像
20ツインパワーC2000S

ギア比:5.1
実用ドラグ力/最大ドラグ力(kg):2.0/3.0
自重(g):180

 

スプール寸法(径mm/ストロークmm):43/13.5
ナイロン糸巻量(lb-m):3-125、4-100、5-75
フロロ糸巻量(lb-m):3-110、4-85、5-65
PE糸巻量(号-m):0.6-150、0.8-110、1-80
最大巻上長(cm/ハンドル1回転):69
ハンドル長(mm):40
ベアリング数 BB/ローラー:9/1

 

20ツインパワーC2000Sの良い点

20ツインパワーC2000SとC3000MHGとC5000XG
20ツインパワー最安値はこちら

今回導入した20ツインパワーC2000S、C3000MHG、C5000XGと3つ揃ってしまった。
ツインパワー3兄弟だ。

 

20ツインパワーのセールスポイント

20ツインパワーの機構

 

歴代ツインパワーシリーズ最軽量
・ロングストロークスプール搭載でキャスト性能が向上
ほぼステラの金属製ローター
ほぼステラの内部機構

防水機構やギア周りの技術について、上位機種であるステラやヴァンキッシュの技術が搭載されている。

 

 20ツインパワーC2000Sの重さは180gと重ため

20ツインパワーの機構

自重は、180gと他のリールに比べて若干重い。

シマノのライトゲーム用途では1000やC2000サイズにおいては、2023年時点で145.150g前後の19ヴァンキッシュや21ソアレXRや21ヴァンフォードや22ミラベルが存在する。

ツインパワーとは40g程度の差が出るわけだけど、感度を高めるためにはリール自体の軽さも重要になるため、この点は少し不利かもしれない。

Right Caption

まぴこふん

でも、狙いは「程よい重さ」なんです

でもツインパワーシリーズは本来、剛性や耐久性を重視したモデルであり、他のシリーズに比べて重いのは仕方ない。
ライトゲームの外道で大きな魚がくることもあるし、少し重めをリグるにはそれなりのパワーが必要なことも。

状況次第では、軽さ重視のリールよりも適しているはずだ。

 

ガタつきが少なく滑らかな巻き心地

20ツインパワーC2000S

20ツインパワーC2000Sは、あの滑らかな名器18ステラ同様の技術(マイクロモジュールギアⅡやサイレントドライブ)が搭載されていてガタつきを感じない

滑らかで心地よい巻き心地も素晴らしく、精度の良さを実感できる。

結果、潮の変化や小さなアタリを読み取る上で、邪魔になるものがないため、ストレスなく快適にライトゲームを楽しむことが可能なのだ。

ギアのガタつきやノイズの低減、回転性能の向上に貢献するので、アジングやメバリングやカマシング、エリアトラウト等の巻き感の非常に重要な釣りにいいんだって。

 

リジッドサポートドラグ搭載

20ツインパワーの仕様
20ツインパワーC2000S

C2000サイズでは、0.3号や0.4号の極細ラインをメインに使用する。実際おいらもPE0.2で使うけど、やはりドラグ性能が重要。

当然のごとくリジッドサポートドラグと呼ばれるドラグが搭載されていて、スプールのフラつきやガタつきを抑えたドラグで、負荷が大きい時にも安定してラインを放出します。結果、細いラインでもしっかりと魚を寄せてくることが可能になる。

 

不意な大物にも対応できる

ブルーカレント510と21ソアレXRのC2000SSPGで釣ったキビレ
21ソアレXR C2000SSPG

21ソアレXRの3ポンドでも40オーバーの外房キビレを獲れた。

けど、20ツインパワーC2000Sは金属製ローターとハーフメタルボディを採用しているので、シーバスやチヌなどの引きの強い魚も時間をかければ釣り上げるパワーを秘めていて、より安心感を持ってやり取りできるはずだ。

 

おすすめの釣りスタイル

ブルーカレント610TZと20ツインパワーC2000S
ブルーカレント610TZと、20ツインパワーC2000S

実際に導入して感じた感想です。

長めのロッドとのタックルバランスが取れる

20ツインパワーC2000Sの実用の重さ
20ツインパワーC2000S

導入したポイントはリールの自重。
リールが軽過ぎるのは長めのロッドは先重りになるので、7.6ft程度のロッドにあわすべく、180-200g程度のリールを導入したかった。

タックルの先重りが減るのだ。結果、操作性がアップする。

5.0ft前後のアジングロッドには全体的に少し重く感じるけど、おいらが用途で考えていた7.6ft程度のロッドとバランスよく合うのは180g以上だ

構えた時のしっくり感を味わえる。ヴァンキッシュ系のリールと比べると重いけど、むしろ「このほど良い重さが好き!」という人もいるかも。
グリップ重厚なコルクのトラウトロッドと合わせても、バランスも良いので全く問題ないのだ。

 

巻きの釣りにいい

釣りあげるカマス
釣りあげるカマス
マッチする釣り

😘巻きの釣り(尺カマス・尺メバル)
😘少し大き目のリグで大き目の魚を狙う釣り(ロックフィッシュ・チニング)

クイックレスポンスではなくステラ同様の慣性の巻きが欲しかったので、ツインパワーやストラディックが候補だった。

コアソリッドシリーズであるツインパワーは、基本的には巻きをメインとした釣りに適しており、ライトゲームに関しては感度と操作性の高さがテーマのクイックレスポンスシリーズとの相性が良いケースが多くあるみたい。

20ツインパワーC3000MHGとメビウス85ML
20ツインパワーC3000MHGと、メビウス85ML

ツインパワーは巻き慣性があり非常に滑らか。

カマスのただ巻きとかには最高に気持ちいい。他のライトゲーム向けリールよりも高い剛性で、大きい魚の引きにもしっかりと対応できますし、本来なら2500番や3000番が必要な釣りにも工夫次第で20ツインパワーC2000Sでも使用できる。

安定感抜群の力強い巻き性能で、この価格でのステラ同様の巻き心地はコスパ面で巻きと耐久性のバランスで全く文句なし。

 

他のリールとの比較インプレ

カマスルアーに喰いつく獰猛なマハゼ
ブルーカレント610TZ21ソアレXR C2500S

ライトゲームで使用するリールは、「感度や操作性を第一に考えたい」という人は、20ツインパワーC2000S以外のリールがおすすめかもしれない。

シマノならクイックレスポンスシリーズに属するもの、ダイワならFC仕様のものから探すと良いでしょう。

ちなみに2023年現在手元にある2500番以下のシマノリールとの違いを備忘してみると以下の通り。

 

18ステラ C2000Sとの違い

ステラとツインパワー
白いライトワインダー610TZとステラの相性

20ツインパワーの巻きのしっとり感や滑らかさは、「ほぼ18ステラ」といってもいいかな。

個人的にはツインパワーのアタリ個体で充分。ベールの返りも、巻きの慣性も、ほどよい巻き出しも、おいらの巻きの釣りには見事にマッチしたと再確認した。

ステラのシルバーな外観より、ツインパワーのグレーグラファイトなのが黒いロッドブランクスに合うので好きだ。

 

19ストラディック 1000Sとの違い

19ストラディック1000Sとハゼ
エッグキャストでハゼ

樹脂ボデイとベールの返りなんかを比較すると、明らかに20ツインパワーC2000Sが総合的に勝っている。
ストラの回転擦れ感やベールの返りの「パシャ」っていうおもちゃっぽさが印象に残る

唯一巻きの慣性感に関してはマイクロモジュールギアⅡの恩恵か同じ機構を採用しているので同じような感触がするも、ボディの違いか剛性感の感覚と巻き出しの重さに差異があるように感じる。

 

19ヴァンキッシュ C2000S・2500Sとの違い

カマスタックルの19ヴァンキッシュ
ゴメクサスのシングルハンドル

クイックレスポンスで、値段もステラに近く、カチッと剛性感もさすがヴァンキッシュ。
ヴァンキッシュはツインパワーが軽くなって、巻きも軽くなった、という印象で間違えていないかな。逆に言うとツインパワーはヴァンキッシュが重くなったコアソリッドみたいな?

魚を寄せる時に剛性感は20ツインパワーC2000Sの方が安心できる。まぁライトゲームの魚なので大して差異はないけどねw
ロッドバランスの視点でツインパワーの巻きの釣りと併用する。

 

21ソアレXR C2500S・C2000SSPGとの違い

ブルーカレント510と21ソアレXRのC2000SSPGで釣ったキビレ
21ソアレXR C2000SSPG

21ソアレXRは良くできている、というレビューをした。
ただ、巻きくらべてみると若干ソアレにおいて巻きの遊びが「ほんのわずかにある」のを感じる。

20ツインパワーC2000Sに比べて、ソアレはストラ程ではないけど、ほんの少しおもちゃっぽいっていう表現なのか、クイックレスポンスなので軽やかなのが、ほんの少し巻きにも剛性感にも雑味を感じる感じ。

触りくらべないと分からないレベルだけどね。

 

20ツインパワーC2000Sまとめ

カマス用に買った20ツインパワーC2000S
20ツインパワーC2000S

今回インプレッションしたのは、7.6ft69gのロッドに合わせるべく導入した、シマノの20ツインパワーC2000Sでした。

タダ巻きのカマスとメバルがメインターゲットです。

 

巻き重視の方にいい

20ツインパワーの外観
20ツインパワーC2000S

受け継がれた剛性や耐久性は確かなもので、その恩恵はライトゲームでもしっかりと感じることができます。

富浦新港で釣れたカマス
>>釣れた場所詳細

今回の’20モデルから、ボディのギアボックス部分がCI4+樹脂製のいわゆる「半プラボディ」ですが、少なくとも20ツインパワーC2000S・C3000MHG・C5000XGで、樹脂ボディの剛性面デメリットは一切感じない。

少しでも気になる人はステラをどうぞ。

 

カスタマイズがいい

現行の夢屋カスタムスプール
現行の夢屋スプール各種

夢屋スプールS27バリエーションが使える1000~C2500番の手持ちリール達。

21ソアレXR等で使ったり自己満足のアイテムは、PEやフロロやナイロンを用途によってローテーションできる。


ただ、2023年より、密巻きシフトでサイズが変わっていくと思うので、夢屋スプールS27バリエーションも在庫があるうちに入手しておかないと、トラブルの多い密巻きリールを使うことになる可能性もあります。(22ステラC2000S密巻きスプールとは規格が違うので流用できない)

絡んだPEライン
マズ目にこれは最悪。なので替えの竿を携行したい

釣り場で想定外のライントラブル頻出。

Right Caption

まぴこふん

最悪やぁーーーーですよね

デザインも評価の高かった19ヴァンキッシュ同様の夢屋スプールデザインなので個人的にはいうことなし。

 

新機能に疑問の方に

20ツインパワーC2000Sでカマスゲーム
20ツインパワーC2000S

密巻きインフィニティループを信用できない方に。

Right Caption

まぴこふん

ん?おいら?

ラインが平行に巻かれるんだと。

ラインテンション掛かったらラインがスプールに沈み込むよね?
次にラインが出る時に他のラインにおモッキリ干渉するよね?
緩めに巻き取られたら埋没ラインや上下のラインと干渉する機会増えるよね?

PEラインで毎回そんなこと起きるとどうなる???

 

Right Caption

まぴこふん

そんなこと毎回気にしながら、釣りなんかできるかい!!!

スプール上下1工程の中にきちんと下に巻かれるラインを押さえてもらいたい、というのが構造的な希望。
最新機構や距離よりも、トラブルレスが釣りにおけるリールにおいては一番重要だ。

カマスタックルはブルーカレントとC2000Sサイズのリール
ロッド:ブルーカレント610TZ
リール:20ツインパワーC2000S

 

2020年発売の現時点では少し古い機種だけど、モデルライフサイクルもまだあるし、次のツインパワーには22ステラ23ヴァンキッシュのようにトラブルの多い密巻きが予測されます。

20ツインパワーと15ツインパワーの比較
20ツインパワー

ツインパワーのモデルチェンジ、前回は2015⇒2020の5年サイクル。

Right Caption

まぴこふん

次は2025年???

20ツインパワーC2000Sはハーフメタルなコンパクトボディなので、アジング、メバリング、管釣りといったライトゲームから、2.5号ライトエギング、チニング、ライトシーバスまで。

大体~10g前後のリグを使って、1台で幅広い釣りに対応できるところが大きな魅力。

21ソアレXRと18ステラと19ヴァンキッシュと20ツインパワー
各種最安値はこちら

少なくとも20ツインパワーC2000Sサイズでするような釣りでは、剛性不足を感じるシーンはないと思います。

シマノC2000サイズのリール夢屋カスタム
在庫減る?夢屋スプールC2000でカスタム

ライトゲームタックル情報を見ても、ライトゲームでは長きにわたって「ノントラブル」で、剛性高き滑らかな愛用できる現役リールになると思います。

巻きが超滑らかな20ツインパワーC2000Sとブルーカレント610TZ
巻きが超滑らかな20ツインパワーC2000S

アジングのイメージ画像

実際に釣れた詳細ポイントは、画像付きでNOTEで公開しています。(今後ポイント公開を拡大するかは検討中)

道具

Posted by まぴこふん