【リュックの肩紐ベルトが緩む!!固定対策 3種類】ズレ防止は 締め方?バックル?ストッパー?

生活

スポンサーリンク

ファッションは何年かの周期があり、ディテールをリバイスしてのサイクルを繰り返す。

シルエットがスリムだったり太くなったり、長くなったり、短くなったり。
業界がそう仕掛けないと購買層が買わないからね。

セレクトショップのイメージ

流行色もどうやら地球規模で事前に示し合わせるみたいだよ。

でも、もう、いちいち対応していくのも面倒だし、お金を使うから最近はそんなに敏感ではないけども。

【リュックの肩紐ベルトが緩む!!固定対策 3種類】ズレ防止は 締め方?バックル?ストッパー?

最近ビジネスの場でリュックを使われることが多い。
最初はランドセルじゃないんだから、と気にもしなかったんだけどw

愛用のブリーフィングの3WAYバック

今は重用のグレーの別注3WAYタイプ。。。
リュックの流行が終わればバックで行ける。
なんて弱気なw

 

リュックスタイルが流行中

で、リュックだけど、おいらもいくつかリュックを持っている。


私服用でいくつか、スポーツ専門用でいくつか、旅行用でいくつか、仕事用ではリュックはひとつ。
思えばカバンめちゃめちゃあるやないか。。。買いすぎ。

変化1

最近リモートやら在宅やらでパソコンの持ち運びが多く、荷物も1キロ程重くなる。
たまに弁当も入れる。

 

変化2

リュックだからか、通勤電車では前に抱えたり、足元で持ったり。
状況に合わせて背負ったり持ったりを繰り返す。

混雑電車でリュックを抱いてマナーを守る
通勤は後ろ掛けよりは前がマナーかな、混んだら手持ち

と、困ることが起きた。

 

困ること、起きたこと

そう、それは、リュックの肩ベルトの長さがいつの間にか緩むのだ。

例えば、このお遊び用のコンテナバック。

一般的なコンテナバック
サーモスのソフトクーラーも入る

 

肩ベルトの調整バックルは下のように「一つ」。
折り返して抵抗テンション掛けてるだけ。

一般的なバックのバックル
1回折り返しのみ

つまり、、、、
具体的には 肩紐ベルトの留めている位置がずれ、間延び、緩んでくる。

 

 

なぜ起きる?

▼バックルに重量・テンションがかからなくなる瞬間のゆるみ

▼荷物の重さ継続

▼バックルがそもそも1個

 

により、少しずつ緩み長さが長く緩むのだ。

 

リュックの肩ベルトのズレ・緩み対策 3種類!!

やってみたよ。
おいらが実際試してみた対策3種類。

 

対策1_バックルの通し方を工夫する

いい点:追加投資なし

バックルを利用したベルトの折り返し
殴り書き

でたー。
2分で手書き。
要は肩紐を二重にとおすだけ。お金はいらない。

 

悪い点:バックルにベルトが2本通らない場合はできない

できるやつはいいんだけど、結構きっちりサイジングされているアイテムだと
バックルに肩紐が二重に通らないこともある。

おいらの仕事カバンもそうだったので断念。

参考:ブリーフィングの別注モデル

 

 

対策2_ベルトストッパーを導入する

いい点:簡易で挟み込むことで滑りにくくする

⇒ このストッパーで、ベルトをシンプルに目立たなく、アウトドアチックにおしゃれに挟み込む。

他にも、余った長い肩ベルトが暴れるのを防止する。

 

いるよね、リュック背負おうとして長いベルトを、座席の人や周りに鞭のようにぶるけてるのに気づいていないやつ。
気をつけよう。
そして、「肩紐の余りが暴れる君にならない対策」には充分である。

 

悪い点:重い荷物の時には心もとない

きちんと留まるよ。
でも、おいらの荷物は少し重いので、頑丈に留めたかった。

 

対策3_バックルを追加導入する

買ってみたよ。

参考商品:ベルトバックル購入したベルトバックル

日本の有名メーカーの品物なので安心。

 

いい点:2か所のストッパーになるので緩まない

ベルトの幅に注意すること。
多いのが25ミリの幅のベルト。

⇒ このバックルを追加した。

 

ほかにも、幅5ミリきざみくらいで規格品として存在するようだ。

今回おいらは25ミリの幅のベルトに25ミリの規格品を購入。
それが下記画像。

ベルトバックルえお追加した画像
参考:右側が追加のバックルである

右側のやつが追加したやつね。
ばっちり合致し、2か所で留められることになった。

⇒ ある程度まとめて買うならここ

 

悪い点:ないけど、ベルトとバックルが「ばらせる」こと前提

おいらはこの方法で、両側1か所ずつバックルを追加した。

結果、肩ベルトが緩むことなく、毎日ばっちり止めたいところでリュックが止まってる。
下記の両方、下のやつが追加したやつ

バックルをベルト両方に追加した図
参考商品:左右下のが追加したバックル

止める位置が動いてしまうと、リュックを背おっても肩紐ベルトが間延びする。

いつの間にか肩紐ながーーーく、学生のお尻にかかるリュックみたく、
だらしない格好になってしまっている社会人をたまに見かける。

おっさんにその格好は似あわない。

若人だけに許される格好だと思う。

 

スーツでそんな着崩しは、最もかっこ悪くて仕事ができなそうなことを物語る。
大麻で逮捕のスノボ、国●のような感じ。

 

 

リュックをずれなくする まとめ

⇒ この工夫はこちらを参考にした

安いのでてっとりばやく。

ベルト幅に合わせて。

仕事用だけじゃなく、肩ベルトが緩むとき、
手持ちのリュックに安価に導入し満足度を上げるカスタムであった。
上下ではなく、小走りの時横にぶれないようにする追加アイテムならこれ。


 

会社員のおいらのコスパ定番ブランド

ビジネスカジュアルがメインになる中、しがないサラリーマンのおいらが長年かけて試したコスパの記録であるw
40代後半でもこれくらいの感じにはできるオーダーってすごいよね。

シャツオーダーでスタイル良く見えるイメージ
参考:シャツは5000円オーダーのアイテム

洋服関係

意外とコスパで統一感だすのは難しかった、今までは。
色々見つけておちついたワードローブ。
セレクトショップの半額程度でこだわりが手に入る。

⇒横にスライド可能

洋服系 ビジカジ用途 利用した記録 いいところ

SOLVE

シャツオーダー

⇒購入記事はこちら

綿100%の生地が4,980円~のオーダーシャツ
➡自分の身体にピッタリ

➡生地100種類以上でストレッチ・フランネル素材も
➡ワイシャツ~カジュアルシャツまで種類豊富

✔Suit-Ya

パターンオーダー
(コート・スーツ・
パンツ・シャツ)

⇒購入記事はこちら

➡上から下まで全身自分の身体にフィットする
4,980円~のパターンオーダーシャツ
コート・JKT・ストレッチパンツの単品までオーダー

グリ─ンレーベル
ファッション
全般
 

↑詳しくはこちら
➡アローズの兄弟ブランド
➡20-30代若手ビジネスマン向けの取り扱い
➡男女問わずユニクロ並みの品揃え

➡多少値ごろ感はあるが専門ショップには劣るイメージ

⇒横にスライド可能

 

小物関係

服飾・小物系はいいものを長く使えるのが一番コスパ。
かといって高級であればいいというものでもない。

⇒横にスライド可能

服飾小物系 ビジカジ用途 利用した記録 いいところ

✔MORAL CODE

レザーアイテム
(靴・バック・
小物)

⇒購入記事はこちら

➡レザーの生産プロセス見直したのでコスパ
オフィスカジュアルにOKな大人な落ち着き
市場の6掛けの値ごろ感
➡オフィスの小物はここで綺麗目に揃う

✔HAYASHIGO

バック・小物
(ビジネス~
カジュアル)


↑詳しくはこちら
➡知る人ぞ知るジャパンブランド
➡明治23年(1890年)創業の鞄専門商社
➡FIVEWOODS
➡リュックからダレスバックまで大人なカバン多数

✔JINS

メガネ
(ビジネス~
カジュアル)

⇒購入記事はこちら

自宅から度入りメガネが注文できる
➡JINS-PC専用メガネ
➡音楽を奏でるBOSEメガネ

コスパでおしゃれで印象ががらりと変えられる

⇒横にスライド可能

 

メンテナンス関係

物はあっても、維持管理ができていないと台無し。
スーツ系の膝裏シワシワは、デニムじゃないんだし、いかにも仕事できなそうで、みっともない。

⇒横にスライド可能

維持全般 ビジカジ用途 利用した記録 いいところ



✔キレイねっとライン
保管&
クリーニング

⇒購入記事はこちら

➡季節物衣料をクリーニングし預かってくれる
➡夏と冬で入れ替えるだけ

➡管理が完璧で虫に食われない
家のクローゼットが半分で済む

✔お直し工房

洋服お直し
全般

⇒購入記事はこちら
裾幅だけじゃなく、膝幅まで修正できる
➡出し・詰めが生地のある限り自由自在
➡仕上がりも過去何回も使っているがいい感じ
➡1か月ほどで出来上がり

✔クリーニングモンスター

クリーニング代
無料

⇒購入記事はこちら

初回10点までクリーニング代無料
➡重衣料だとすんごいお得
➡約2週間でできあがり
➡袋に入れて送るだけ、やり取りもすごく丁寧

⇒横にスライド可能

格安オーダーでスタイルが良く見える
参考:オーダーJKTとシャツの組み合わせはここのアイテム

40代後半でもそれなりに見えるかも?