ノースフェイスのロゴが目立たないアイテムを紹介|他人と被らない

ファッション

〔PR〕本ページはプロモーションが含まれています

スポンサーリンク

ノースフェイスのロゴが目立たないアイテムを紹介|他人と被らない

ノースフェイス、いいよね。
1990年代半ばのヌプシJKTで一世を風靡。

おいらの大学生の頃の話、キムタク・エクスプローラー1・ノースフェイス・ヌプシJKT・ゴアテックス・ビームス・シップス・アローズが大人気で大好きだった。

 

人気がスゴイ

でも、2000年前半は飽きられて下火?
だったのかもしれないが、ここ5年程はすごい人気だ。

ノースフェイスいい所

😘日本規格サイズ
😘機能性抜群

日本人サイズの規格に合わせているので、誰が着ても比較的サイジングがマッチして綺麗に見える。

コンパクトアノラックパーカの着用イメージ
>>コンパクトアノラックパーカ

そして登山ギアとしてベースが考えられているので、命を守るための機能的な素材を使っているので着用感が素晴らしく快適。

 

ノースフェイス微妙な所

🙄他人と被ることが多い

特にブランドロゴがシルバーやホワイトで反射機能を持たせることもあり、ダークな素材だと一目でノースフェイスだとわかってしまう。

 

🙄ロゴが目立つ

ロゴが目立つとアウトドアチック感が強まってしまう。

なので、ビジネスユースでは使いにくいこともある。

 

ロゴが目立たないシリーズがある

ノースフェイスなのでアウトドアウェアとしての機能性もあるため、アウトドアシーンでも活躍します。
そんな汎用性を目的としたときに、ロゴの目立たないシリーズが役に立つ。

スタイリッシュ

ロゴが目立たないウェアは、シンプルなデザインでスタイリッシュな印象を与えます。
ブランドのイメージにとらわれず、より自分自身のスタイルに合わせてコーディネートできます。

 

着まわしやすい

ロゴが目立たないないことで、ブランド愛好家以外の人でも愛用しやすい点があります。
ブランドのイメージにとらわれず、様々なスタイルやシーンに合わせられます

シンプルで着回しやすい、他のウェアとのコーディネートがしやすくなり、スタイルの幅を広がります。

特段シリーズ化していないんだけど、ロゴが目立たないアイテムは稀に展開されているのです。

 

アウター

ロゴが目立たないカシウストリクライメントJKTを平置きにした画像
カシウストリクライメントJKT

カシウストリクライメントJKT。
インナーの着脱ができるコスパ最高の透湿防水のアウターである。

インナーオフにしたカシウストリクライメントJKTとアルパインライトパンツ
カシウストリクライメントJKTアルパインライトパンツ

インナーなしで春秋~インナーつけて真冬まで、真夏以外はおれる汎用性。
1枚で3シーズンの用途になり軽やかにも使える。

Right Caption

まぴこふん

え?ノースフェイスなの??
ロゴが目立たない

ロゴが同色でぱっと見ではノースフェイスとは分からない大人な仕様がいい。

➡ノースフェイス値引き中

 

厚手のジップフリース

ロゴが目立たない平置きしたノースフェイスのバーサミッドJKT
ジップインバーサミッドJKT

先のカシウストリクライメントJKTのインナーにも使えるジップインバーサミッドJKT
こちらもロゴ同色や目立たないバージョンが展開されている。

Right Caption

まぴこふん

ぱっと見、ノースフェイスとはわからない

1枚でも羽織れるし、インナーとして保温層に使うこともできる。
インナー仕様前提なので若干細身でサイジングされているので着ると綺麗に見える。

ロゴが目立たないバーサミッドJKT

ファスナーにより、暑い熱気を放出する機能性も秀逸だ。

➡ジップインバーサミッドJKT

 

パーカ

ノースフェイス本領発揮のこの分野。

ドットショットJKT

ノースフェイスのドットショットJKT
ドットショットJKT

このドットショットJKTはロゴが目立つタイプだね。

パーカを1枚羽織れば真冬前まで充分対応できる。

Right Caption

まぴこふん

これらはロゴが反射用途だったりなので、目立つね

軽やかにスタイリングできるので見た目もかっこよくて若く見える。

➡ドットショットJKT

 

コンパクトJKT

ノースフェイスのコンパクトジャケット平置き
コンパクトJKT

勿論機能性も抜群なので急な天候変化にも一時的な回避策にも使える。
コチラもロゴが目立つタイプ。

➡コンパクトJKT

 

スワローテイルベントフーディ

特に春夏に大活躍してくれるはずだ。

スワローテイルベントフーディ

 

薄手のインナーフリース

ノースフェイスのロゴが目立たないマイクロフリーストレーナー
マイクロ フリース クルー

こちらはロゴではなく、タグになっているバージョン。

マイクロフリースクルーの胸ポケットのロゴ
マイクロ フリース クルー

これまた非常に重宝する。

Right Caption

まぴこふん

ロゴ有無で印象が違うよね
おいらはこういうのが好きだ

インナーを色違いで揃えてしまうほど汎用性が高い。

➡マイクロ フリース クルー

機能性が高いので、アウトドアチックすぎない見え方だと色んなシーンで使えることになる。

 

薄手のトレーナー

肌寒い時に1枚羽織ることも多いトレーナー。これまた大人な感じで展開されているのだ。

エアリーリラックスT

ロゴの目立たないロングスリーブエアリーリラックスティー
ロングスリーブエアリーリラックスティーのリブありバージョン

インナーフリースと同様、タグでの展開。

ノースフェイスのロングスリーブエアリーリラックスティーロゴではなくシンプルなタグ
ロングスリーブエアリーリラックスティー

毎年NEWカラーが追加されるので自身のサイズに合うものはGETしておけばいい。

必ずしも定番品として毎年同じ色やパターンが出るわけではないので、見つけたらシーズン前に即購入がいい。

Right Caption

まぴこふん

さりげないのが好き

➡ロングスリーブエアリーリラックスティー

春先にはほぼ在庫が無くなる、生産数は少量しか作らないので。

 

インナーシャツ

ロングスリーブフラッシュドライジップアップ
ロングスリーブフラッシュドライジップアップ

インナーシャツも体温や湿気の管理に重要なアイテムだ。

山登り前提の機能性を保つので人間の対応変化に応じて最適な着用感を醸成してくれる。

ロングスリーブフラッシュドライクールクルー NT11713

ノースフェイスのロングTシャツの目立つロゴと同色ロゴの比較
ロングスリーブライトコンフォートクルー

春用や秋用やインナー用で薄手だったり厚手だったり起毛だったり。

➡ロングスリーブライトコンフォートクルー

ロゴの色で随分と汎用性が違うと思わない?

 

Tシャツ

ノースフェイスのロゴが目立たないシャツ
➡ロゴが目立やないアイテムはこちら

スウェット生地の半そでもロゴが目立たないのでお気に入りのアイテム。
実際に着てみると、、、

レインブーツとトレーニングリブパンツ
フレキシブルレインブーツトレーニングリブパンツ

トレーニングリブパンツにもマッチする。

➡ロゴが目立やないアイテムを探す

 

ノースフェイスのマウンテンアスレチックTシャツ
マウンテンアスレチック

例えばタウンユースからトレーニングに最適なマウンテンアスレチックのTシャツとかね。
ノースフェイスロゴはあるけどメインロゴが別で生えるので意外とノースフェイスロゴが目立たない。

➡ノースフェイス マウンテンアスレチック

 

パンツ

ノースフェイスは上着やアウターに注目されがちだけど、意外とナイスなパンツを出してくれている。
おいらも複数活用しているよ。

アルパインライトパンツ

アルパインライトパンツのカラーバリエーション
アルパインライトパンツ

大人気のアルパインライトパンツは膝にプリントがある。

ノースフェイスのマイクロフリースとアルパインライトパンツ
マイクロ フリース クルー アルパインライトパンツ

ストレッチが効いて、見栄えもいいので芸能人中心にライフワークウェアとして人気爆発だったよね。

 

コットンオックスライトクライミングパンツ

ノースフェイスのコットンオックスライトクライミングパンツ
コットンオックスライトクライミングパンツ

一方、ロゴはあるけど目立たない腰の位置にロゴ刺繍があるパンツ。個人的にはこちらの方が好みだ。まさにアウトドアから私服まですべて対応してくれる。

コットンオックスライトクライミングパンツのオリーブ色の正面撮影画像
コットンオックスライトクライミングパンツ

さらには、ストレッチ素材なので非常に履いていて気持ちがいいのだ。

➡コットンオックスライトクライミングパンツ

 

トレーニングリブパンツ

トレーニングリブパンツのカラーバリエーション

トレーニングするときに着用するパンツ。

トレーニングリブパンツと野鳥の会類似のレインブーツで足を上げたところ

Right Caption

まぴこふん

しぶいねぇ

➡画像のトレーニングリブパンツ

ロゴは同色の目立たないタイプはこちら。これもスポーツは勿論、私服にも使えるので出番が多い。

 

トレーニングリブショーツ

トレーニングリブショーツのロゴ
➡トレーニングリブショーツのロゴは目立ちにくい

暑い真夏やトレーニングには重宝するハーフパンツである。こちらもロゴが目立ちにくいカラーがあるので重宝します。

 ➡トレーニングリブショーツのカラーバリエーション

 

帽子

夏場のアウトドアにいいノースフェイスのゴアテックスハットやホライズンハット
ノースフェイスのハット

アウトドアでは必須となる帽子・キャップ・ハット。このアイテムもロゴの有無で印象が大きく変わる。

ホライズンハット

個人的にはアウトドアや釣りの時に重宝するので、ゴアテックス・耐水・あごひも付きのがお気に入り。

頭のサイズをキチンと確かめれば、頭頂部の髪が潰れないのもいい。額の周囲で帽子が留まる、ってこと。

➡ホライズンハット

 

まとめ

各用途により、ロゴが目立たないノースフェイスのアイテムがあるのはお分かりいただけたかと思います。
ロゴでギンギンもよければ、実はノースフェイス、というのもいいのでは?

機能性

何といっても機能面では劣ることはないです。
なので、あとはどのように日常のファッションに融合させるか、がおしゃれさんの工夫や実力によるのかな、と思います。

 

シンプルさ

ロゴの目立たないロングスリーブエアリーリラックスティー
ロングスリーブエアリーリラックスティーのリブありバージョン

着用者の個性を引き出すノースフェイスのロゴなしウェアは、ロゴがないことで、着用者の個性を引き出すことができます。

で、自分自身のスタイルやセンスを表現することができまし、ロゴがないことで、より洗練された印象を与えることができます。

コットンオックスライトクライミングパンツのカーキ着用例
コットンオックスライトクライミングパンツ

実は全身ノースフェイスです。

以上が、ノースフェイスのロゴなしウェアの魅力についての解説です。

アイテムによって若干サイズ感に差異がある場合があります。例えば普段Lサイズだけど、このアイテムはMサイズがJUST、みたいな。
インナーに着る目的のアイテムなんかではよくあるので、サイズ感を確かめてから購入するようにしましょう

シンプルでスタイリッシュなデザインや、耐久性の高さ、ブランド愛好家以外にも使いやすい点など、多くの魅力を持ったウェアです。
問題は、生産数が少なくだぶつかないので、ほぼシーズンで売り切ってしまうところですね。

 

➡ノースフェイス2023展開アイテム

➡ノースフェイスアイテム値引き一覧

自分自身のスタイルやセンスを表現したい方や、より自由な着こなしを楽しみたい方は、ぜひノースフェイスのロゴなしウェアを取り入れてみてはいかがでしょうか。

アジングのイメージ画像

実際に釣れた詳細ポイントは、画像付きでNOTEで公開しています。(今後ポイント公開を拡大するかは検討中)