◆注◆:Androidスマホは画面右上プルダウンから、Chromeブラウザで開くと画面回転を停止できます。

バーサミッドJKTのサイズ感とジップインジップ対応レビュー(ノースフェイスNA62006)

ファッション

スポンサーリンク

バーサミッドJKTのサイズ感とジップインジップ対応レビュー(ノースフェイスNA62006)

手持ちのノースフェイスのアウター。

下のカシウストリクライメントJKTや、ドットショットJKT。

アウターのハードシェルとして大活躍で活用している。

それらの、ミドルレイヤー(中間着)にフリースやダウンを着る。

ミドルレイヤーといえば薄手のダウンやフリースなどで空気層を作って、体温を逃さないように保温する仕組みだ。
で、その外側を防風仕様のアウターで加工というのが防寒のセオリー

今回はそのミドルレイヤーに大活躍するフリース、バーサミッドジャケットの特徴やサイズ感を記録しようと思う。

 

バーサミッドジャケット

「ZIP IN ZIP システム」。

これは、アウターとミドルレイヤー(中間着)をジッパーで連結する機能

アウターとミドルレイヤーの重ね着では、脱ぎ着するインナーが一緒に脱げてしまうことがある。
しかし、「ジップインジップシステム」でアウターとインナーを連結して一体化すると、快適にアウターの着脱が可能になる。

 

保温性がすごい

高機能フリース「ポーラテック サーマルプロ」を使っていて、高い防寒性と保温性を実現している。
毛足が長く肉厚だ。

 

動きやすい

脇下はストレッチ性が高い素材が使用されていて、とても動きやすい
見ての通り、両腕の下側と両脇はストレッチ性と通気性を考慮されている。

これで運動性能が向上するわけ。

そしてこれからの時期ありがたい静電ケア設計

 

着心地が抜群に良い

毛足がとても細かく、ふわふわとした触り心地。
手形が残っているほどw

例えば、誰もが持っているであろうユニクロのフリースの素材と比較するとかなり柔らかい印象。

そのため袖を通してみると、とても着心地の良さを感じるはず。
ジップはYKK製で、嚙むことなく一番信頼できてストレス無く使えるのがありがたい。

生地の切り替えが機能的にデザインされていて非常におしゃれ
動きやすいし、見た目もいいし。

 

ジップインジップの付け方

そして、注目機能のジップインジップシステム。

以前に購入したアウターの “カシウストリクライメントジャケット" と “バーサミッドジャケット" を連結してみた。

付け方はとても簡単。
まず、右側のアウターの内側にあるジッパーと、左側のバーサミッドジャケットのジッパーをかませて連結させる。

そして、袖口の留め具をつければ連結完了だ。

この輪っかにフリースの袖の留め具をつけるだけ。

襟と袖先に留め具がついているよ。

アウターとミドルレイヤーを一体化させると脱ぎ着する際の快適さが違う。
袖が裏返らなくていい

>>アウトドアツールの活用事例
同じようにミドルレイヤー着脱ZIPの仕様があえば、どんなアウターにも装着できる

 

アウターとのサイズ違いには注意

サイズが違うとこのように、サイズ差異の生地やZIP分ズレる。

ジップインジップに対応しているアウターとミドルレイヤーのアイテムを買う場合、サイズをある程度揃えること

上のズレは「Lのインナー」を「Mのアウター」に装着した時の図。

サイズが違うとジッパーの長さが余ることがある。
さほど気にならないかもだけどね。

 

素材やサイズと着用イメージ

生地:ポリエステル 97%、 ポリウレタン 3%

脇、袖下:ポリウレタン 9%、ナイロン 38%、ポリエステル 53%

着丈 身幅 肩幅 袖丈
S 57 46 37 56
M 59 48 38 58
L 61 50 40 60
XL 63 52 41 62

おいらは、178センチ70キロで「 Lサイズ 」を好んで着ている。
“バーサミッドJKT" のLサイズ と “アルパインライトパンツ" の Mサイズ で合わせた感じ。

余計なだぶつきもなく、身体のラインが綺麗にでているのではない?
178センチ70-75キロで Lサイズ が、JUSTサイズである。

 

LとMの比較

両サイズ着用しているのが以下の感じだ。

左がLサイズ、右がMサイズ。
同じように見えるけどねw

個人的には右の緑Mサイズは少し胴囲がきつく感じるので、左のグレーLサイズがJUST

 

他には身長別サイズのイメージ事例として、

Sサイズ

>>168センチ55キロ Sサイズ

 

Mサイズ

>>171センチ64キロ Mサイズ

>>174センチ Mサイズ

>>176センチ60キロ Mサイズ

>>181センチ Mサイズ

 

Lサイズ

>>178センチ61キロ Lサイズ

>>182センチ Lサイズ

 

XLサイズ

>>183センチ XLサイズ

中に着込む分量や使い方で、どのサイズがいいか確認すればいいと思う。
このアイテムはさほど選びにくくはなく、生地の伸縮性があるので多少サイズがズレても誤魔化せる。

 

バーサミッドフリースまとめ

定番色をベースに毎年流行カラーをリバイスして展開される。

特に個人的に気に入っているポイントが以下。

いいところ

😝生地の目が細かく、肉厚で暖かい

😝1枚でもアウターで着れて、街中でも格好良い

😝とても軽くて機能的

😝勿論ミッドレイヤーとしても超優秀

肌寒い春秋のアウターとして、真冬のインナーとして、とても重宝するアイテム。

例えばカシウスJKTのインナーダウンを、バーサミッドJKTに変えると感な感じ。

インナーダウンのナイロン生地とは違い、フリース素材で襟もとまで暖かくなるので、マフラー要らず
これ、手持ちをシンプルにしたい人にはとても嬉しい省力化。

着心地が良く高い保温性を持っている素晴らしいアイテムで、
ジップインジップにも対応しており、かなりお気に入りの一着なのだ。

ブラック一色もパターン切り替えでおしゃれ。

そして、主張しすぎずなんにでも合わせやすいのがいい。
これ1枚でも充分だし。

これもシーズンインで人気色はすぐに在庫が無くなるので、1枚チェックして持っておくことをお勧めする。

>>ノースフェイスのバーサミッドJKT 値引き有

>>ロゴが目立たない、渋い色味がいい




坊主回避のスマホアプリで釣果チェック

釣りSNSアングラーズ-釣果/魚釣り情報/潮見表の記録と検索

釣りSNSアングラーズ-釣果/魚釣り情報/潮見表の記録と検索

ANGLERS Inc.無料posted withアプリーチ

■■⇒ おいらの経験した、外房の堤防アジの釣り方まとめ記事 はこちら ■■