【ロッドインプレ】ズームサファリ505Lパックロッド最高 アブガルシア ハゼ・アジング・渓流 

道具, 釣り

スポンサーリンク

個人的にパックロットが気になりだした昨今。

 

 

自分で買ってレビューしたコンパクト部門でいくと、

シロギス~ジギング目的

安くてもアマゾン評価NO1のパックロッドに始まり、

 

アジングやロックフィッシュ用

シマノ(SHIMANO) のパック&モバイルロッド と購入。

 

穴遊びやハゼや管理釣りのお遊び

ジャッカルのエッグシリーズとかも持ってはいるけどw

 

 

【パックロッド最高】ズームサファリ505Lのインプレ アブガルシア ハゼ・アジング・渓流

気分だけでもアウトドア気取り?!

 

「電車お手軽ハゼ」と「時合い終了後のアジング」の用途でパックロットを追加導入することにした。

 

それが2020年5月、先週登場したアブガルシアのズームサファリ、である。

レトロカラーが気に入った。

うーん、まったり(^_-)-☆
理想のイメージはこんな感じ。

 

 

パックロッド傾倒の理由

 

理由は単純で2ピースロッドは場所を取るから。

家でも車でも現地でも。

 

特に持っていくのに気を遣う。

で、ちょうどこの自粛期間の断捨離や自宅の掃除中に全道具を再確認。
年齢も考え?ミニマリスト傾倒を決めながら実行に移そうと誓ったのがきっかけ。

 

そんな、入れ替え検討していた時に、またまた見つけたパックロッド。
5月発売の新商品である。

アブガルシア(Abu Garcia) パックロッド スピニング ズームサファリ (ZoomSafari) ZMSS-505L

同じような性能でコンパクトなのはおいらにとっては大きな付加価値である。
主観の優先度合いで、重さとの対比で選べばいいかと。

 

もちろん2ピース、もしくは究極の1ピースが性能的(軽さや感度?)には最高。
なのはわかっているが、おいらはプロではないし、どちらかというと、和みたいストレス発散、おいしく食べたい素人アングラーである。

 

 

どんなロッド?

 

サイズは5種類ある。
カラーが地味でレトロで非常におっしゃれだ。

8.0ftから長い順。

長さは8ft~4ftまで。
ブランクのカラーがレトロで渋くておしゃれに思った。

 

おいらは昔からコルクグリップ好きなのだ。
約20年前の20代前半w

 

この自粛中、断捨離中にでてきた。

dav

 

製品特徴

 

  • コンパクトなマルチピース設計

  ZMSS-404ULは 4本継 、 ZMSS-505L/605L/705ML/805Mは5本継

 

  • ジョイント部のブランクスの曲がりがよりスムースとなる、スピゴットジョイント(印籠継)採用
  • FujiIガイド(Oリング)採用
  • スウェーデン王室の紋章であるクレストマークをバットエンドにあしらいました。
  • 専用設計のキャンバス生地 竿袋
  • 竿の長さで、異なるアースカラーデザインを採用

おしゃれでかわいくてコンパクト。
1本目お試し導入、おいらは404ULと悩み、505Lを導入。

dav

404:ハゼ、アジ、トラウト、バス、根魚などの釣りが得意なロッド
505:ハゼ、アジ、メバル、トラウト、バス、メッキ、根魚などの釣りが得意なロッド
605:アジ、メバル、トラウト、バス、シーバス、メッキ、根魚、イカなどの釣りが得意なロッド
705:トラウト、バス、コイ、メッキ、クロダイ、イカ、シーバス、タチウオ、などの釣りが得意なロッド
805:トラウト、コイ、シーバス、タチウオ、ハマチ、サワラ、ヒラメ、イカなどの釣りが得意なロッド

 

ちなみに数字の前2桁が長さftであり、後ろの1桁がピース数だそうだ。
505は5.0ftで5ピース。

 

 

よさそうなところ

コンパクトなのはもちろん、カラーが気に入った。
グレーだ。

 

ありがちな真っ黒、ではない。

なんてすばらしいシリーズなんだ。
「見てくれ」から入る人。

というか、手軽さと小魚対応の汎用性w

 

 

渓流は今のところ行かないからジグ単以外に錘も扱える方がいいかと。

404ULは120センチ。エッグキャストソフティと全長同じ。
あちらは1ピースで120センチ。

 

 

 

4本つぎで120センチ、30センチちょいの格納全長。
エッグキャストソフティやブラックエッグと同じ長さ、ということで持っているサイズ。

 

で、ULは柔らかいかな、ということで5ピースのライトアクションの505にした次第。

 

 

ハゼ、アジ、メバル、トラウト、バス、メッキ、根魚などの釣りが得意なロッド。
404ULと比較して少し大きな根魚やメッキなんかも安心。

渓流は行ったことないし、川より海派で食べて美味い魚を釣りたい。

山も海も遠い東京在住、ってのがどうもなぁ。

 

 

悩んだところ

ちなみにこのズームサファリ。

 

605(真ん中の黄色)は少し硬いのでは?、と思った。
実際はそうでもなさそうだけど。

そして6ftはライトワインダーやブルーカレントやら何本か持っておる。
5ftのブルーカレントもあるけど、3gまでなので、今回の8gまでのはエサちょい投げもできそうだ。

 

6ft以上のモデルは少しグリップの長さが長いように感じた。
コンパクト系でグリップがあまり長いのは好きではない。

 

下から2番目が505である。
グリップ1本目の全長は26センチだ。ご参考まで。

おいらが持っている一般的なねらい目の魚を釣る為のロッドより、1.5ft以上ブランクス短めで、グリップエンドが長い印象。
9.3ftシーバス狙いロッドに対して、全長8.0ftだったり。

 

 

早速5/20に届いた

dav

C2000サイズのリールとのサイズ感。

 

 

検品。
うん、コンパクトサイズで来る。

dav

赤いロッドケースに入っている。

先端出してみた。

dav

アウトドアチックである。
かわいい。

そしてコンパクト。

dav

結合の儀式。

sdr

グリップの次のバット部分はガイドがないので、ロゴの方向を好きなように持ってこれる。
上にしたり、横にしたり、いわゆるインスタ映えにも使える?

おいらはインスタしてないけど。

 

そして次のページはベントカーブ、、、、

ベントカーブ

 

200gの水を上げよう。
そう、尺くらいまでのアジやカマスやサバやハタやカサゴ。

dav

 

えいっ。

dav

 

4本継ぎとは思えないほど自然。
200gくらいを引き上げてみたときのしなり具合。

綺麗なベントカーブだ。

 

ライトアクションでは少し柔らかく感じるかも。
アブのライトアクション、はシマノのライトより柔らかい。
シマノが硬すぎるのか?

フリーゲームXT610やエッグアームのベントカーブは300gの時の曲がり。

 

 

 

リールとのバランス

 

リールは基本シマノの1000番Ⅽ2000番で使用するのがガイドの向きや、サイズとばっちり合う。

 

18ステラC2000Sダブルハンドルでのバランス。

dav

19バンキッシュC2000Sのバランスはこんな感じ。

dav

で、ストラディックのゴメクサスダブルハンドル。

dav

どれもおんなじ感じかなw
ロッドが短いから持ち重りは皆無で気持ちいい。

その後、コルクグリップのビニールカバーは剥ぎ取ったw

dav

 

 

今後の使い方

 

なんといっても1万円程度の定価だから多少荒く使っても気にならない。

 

さすがに4万のアジングロッドを荒く使うのは気が引けるし。
ということで色々手軽なロッドに入れ替えている途中。

おもちゃロッドでやる釣りが好きみたい。
あーーーー、ハタを上げたいっ!!

 

 

個人的にはオールラウンド性とコストと品質のバランス、使い勝手から、505が一番人気でそうに思う。

dav

なんといっても1万円前後で買える優秀コスパでおしゃれなロッドで満足である。

かなり人気らしく、在庫がなければたまにここに現れる。

そして、早くハゼやシロギスを釣りに行きたい。
白身魚の天ぷらを食べたいのだ。
これを使ってリュックとミニクーラーで土日の渋滞時間ロスを避けて、お気楽電車釣行するのだ。

 

できれば友人たちと河川敷で釣ったハゼを調理して、天ぷらとビールで乾杯できれば尚楽しいだろうね(^_-)-☆
お姉ちゃん友にはジャッカルのブラックエッグセットを用意しておるw

なんとおいらの会社。
5月いっぱいまで在宅ののち、6月は5・6日程の会社帰休を自由に取得、ということだ。
どんだけ利益やばいねん、人件費削るなよ。

稼働20%無給(休業補償あるけど)につき、気兼ねなくシロギス調査に出かけようと思う。

ちなみに本日27日現在、千葉各地(小湊や大原含む)の堤防は閉鎖中だそうだ。
某ツイッターやインスタからの情報である。
とりあえず6/19の県外移動自粛解除まで待ちましょう。

海は逃げないから。
くれぐれもバカにならないように誓いたいと思います。

スポンサーリンク