【シモリウキの留め方・使い方】初心者の疑問@ハゼ釣り

道具, 釣り

スポンサーリンク

ハゼ釣りでよく出てくるシモリ浮き。

真ん中に穴が開いている4連が一般的なウキ。

初心者の疑問 シモリ浮きの留め方・使い方 ハゼ釣り

これ、シモリ玉。
発泡体に穴が開いているだけ。

 

dav

・どうやって道糸に留めるの?
・どうやって自分で仕掛け作るの?

 

ってのが使ったことない素人の疑問。
そう、おいらは使ったことなかったから、普通に疑問に思っていて手出しできなかった。

 

これ、でも自身で使いだすと、あたりが如実に把握できて超面白い。

水中の下のウキの動きがで走りが事前にわかるの。

底を取る釣りには最高のギミックかもしれない。

 

単体の市販品

基本的にはシモリ玉だけが包装されている。

仕掛けのセット品

仕掛けセットになっていると、4.5m仕掛けなんかにセットされていて400円くらいする。
自作できるなら自分で作りたい。

簡単!!シモリでウキ止めする手順

材料を準備する。

シモリをサイズ別に購入、安いよね。


自分でシモリだけ買ってセットする手順。
ハゼとかサヨリとかに使うのかな?

 

方法:1 何も使わない方法

道糸を1.2重に通す、か、つまようじ。
ミニサイズのには穴のサイズがつまようじに合うのかな?

dav

簡単ですぐできる。

個人的には道糸が発泡シモリに食い込みそうで、好みではない。

 

方法:2 輪ゴムを使う方法

 

ポイントはどこの家庭にもある「輪ゴム」である。
輪ゴムをウキ止めにするんだと。

 

まずはメインになる道糸を用意する。

dav

道糸(今回はピンク)にシモリを通す。

 

道糸を通したシモリに、別の短い捨て糸をとおす

捨て糸(今回はイエロー)20センチもあれば充分

dav

 

 

輪ゴムを半分に切断する

ただの輪ゴムを半裁

 

シモリに通した捨て糸を輪ゴムの中心にかけ、引き込む

つまりシモリの穴に、通した捨て糸をひっかけて、輪ゴムの真ん中を引き込むのだ

dav

無事引き込めたら、両サイドに輪ゴムの余が出るのでカットする

dav

 

そうすればシモリの内径と、引き込まれた輪ゴムが摩擦抵抗のある状態で、シモリが道糸に沿った移動浮きになる。
同じことをサイズ別に4か所作れば可変シモリ浮きとしてハゼ釣りに使える。

 

dav

 

実はおいらはこの使い方、知らなかった。
やったことなかったんだもん。

dav

 

無知って怖いよね。

 

 

底釣りに重宝するシモリ浮き仕掛け。

当たりや動きや走りが、一番下と二つ目のウキで分かって、とっても面白い。
脈釣りにはない面白さ。

 

 

あとはガン玉で調整する。

サイズは上から下に小さくなるように。4種類が基本。
是非一度、お試しあれ。
おもしろいよ。

 

 

サイズ別に色々使える

 

毎回探すのも面倒なので自己リピ兼ねて。
さらにはいつも脇役なので釣具屋で買うのを忘れるw

 

スポンサーリンク