【インプレ】シマノ名機カルカッタ50XTのハンドルノブを交換・カスタムしてみた  

道具, 釣り

スポンサーリンク

【インプレ】シマノ名機カルカッタ50XTのハンドルノブを交換・カスタムしてみた

古いカルカッタが大好きだ。

 

なぜこだわるかというと
20数年前、社会人になったときに釣りを再開した時の思い出の品。

 

それが シマノ 初代 カルカッタ100

 

 

こいつが最高にかっこよかった。

ここまで釣り再開のお熱があがると思わず、かなり状態のいいのをオークションで売ってしまった。

非常に後悔している。

 

 

穴釣り用に仕入れた シマノ カルカッタ50XT

 

釣り再開すると、ちょうど穴釣りにいいなと。

ということで新たに質のいいのを落札したわけ。

このモデルが大好きなの。

美しい。

 

カルカッタを合わせる竿

 

ジャッカルの完売品、120前後のさお、エッグアームロンガーとのバランスを考え50XT。

加工前。

 

 

うおーーーーーーたまりまへん。
美しい。

 

 

 

 

 

カルカッタの弱点は???

 

でもね、ハンドルノブがゴム系?で、昔の個体だと経年変化必須。

具体的にはベタベタしてくる。

ロッドはちょっとグリップを加工しておる。

 

 

 

このリールハンドル、ノブの装着が金具で「かしめて」いるので外から交換できない。
できるのかもしれないけど、おいらにはできない。

 

 

交換用のハンドルを物色してみる

ということでノブを含んだハンドル自体を交換すべく、加工してみた。

少しドラグの角度をいじる必要があったけど、おいらの自己満足な釣りにはこれで十分。

Fenteer 

コルクハンドルを1000円ちょいで入手。

ぽちっとな。

50サイズにつくかわからなかったけど、1000円とかなら勉強代。

dav

こんな感じで届く。
海外からね。

1000円ちょいなのでコルクノブを他にも流用したくてたくさん買った。

dav

 

 

 

 

 

どんな感じに???

自己満足の世界。
バスでも行けるぜ。

 


かっちょいい。

たまりまへん。

これで根魚と遊ぶのだ♪
ぶれたw

ほかにも王道のスーパーコロネットとかね。

かわいくていいよね。

またまた別にこんなのとかもある。

こんなのとか。


友人がくれたw

ありがと。

 

 

やっとアジが外房に入りだした。
2回の台風で状況が変わったみたい。

 

坊主のがれの昼間の穴釣り。

地合い終了後にはいいかもね。

 

2020年モデルのエッグアームロンガーは桜色

2020年モデル2ピースのエッグシリーズはブラックだ。

色々道具が欲しくなる。。。
原資を作るべく、試した施策をまとめてみると↓。

外房で田舎風景が最高な界隈でも、月1800円の格安スマホで電波は全く問題ないことを検証したw
なので誰でもROMだけでなく実行力さえあれば、年間7万はおこづかい増やせるよ。

他にも、結果、小銭稼ぎになる施策は。。。

 

 

dav

アブのクラシックリールが8000円で買えるなんて!!
これなら穴釣り仕様で充分だ、早く知っておれば。。。。。

やっぱ本家が一番かっこいいけどね。

今回のお買い物

 

⇒ 穴釣り、このロッドが高評価!!

スポンサーリンク