20230113カマス調査で大逆転~北ケイセンの夕まずめ@富浦新港

内房・東京湾,釣行

20230113カマス調査で大逆転~北ケイセンの夕まずめ@富浦新港

徹夜明けからの朝まずめを愉しんだ。

朝の釣果は、この日金曜日の朝ではいい方だと思う。


そもそもカマス釣り師がほぼいなかったし、釣れていないんだろう。

AUDIのSUV「Q3」の車内で仮眠する

そして体力の限界が訪れ、10:00~12:00まで車内で仮眠した。

Right Caption

まぴこふん

ねむい!!
おやすみ・・・

 

午後の候補ポイント薄着でランガン

午前中はべたなぎ

SNSでもこの昼間にテトラで釣れたようだ。

テトラポチャ対策のネットは必須だ。

いや?
釣れたのは翌日暴風の土曜日かな?知らんけど。

 

釣りSNSアングラーズ-釣果/魚釣り情報/潮見表の記録と検索

釣りSNSアングラーズ-釣果/魚釣り情報/潮見表の記録と検索

ANGLERS Inc.無料posted withアプリーチ

で、確認した感じでは。

この日、ポカポカ暖かいのでダウンを脱いで車に待機させる。

 

早速アタリ

釣り人もまばらなので色んなポイントを投げてみる。

午後からは朝マズ目のライトゲーム汎用タックルから、強めアジングタックルに変えてみる。

で、とある場所にて。

Left Caption

さかな

くくくっ

いきなり真昼間から生命反応があった。

Right Caption

まぴこふん

着底同時!!
おっしゃ!!

けどあまり引かない。

Right Caption

まぴこふん

抜けたかな?
カマスルアーに喰いつく獰猛なマハゼ
ブルーカレント610TZ21ソアレXR C2500S
Left Caption

ハゼ

お昼ごはん・・・・

強めアジングタックルで上げてみると可愛いいマハゼ。

うん、夢屋スプール C2000コンプレックスカラーでカスタムは自己満足でかっこいいw

21ソアレXRと夢屋スプールソアレカラー

そろそろ廃盤になるかもしれない希少な夢屋ソアレカラーは今回お休みw

23ヴァンキが密巻きに・・・・。
ステラ同じくライトゲームでのトラブル大丈夫なのかな?全シリーズそうなる前にツインパワーとかも旧品を買うか?

 

14:30 爺様登場

閉鎖直前の富浦新港の北ケイセン

こちらは朝9:00前後のお散歩の画像。いい天気だ。

色々な場所をせめている。

と、いきなり、背後から

Left Caption

爺様

どうですかー?

と、おもむろにおいらの近くにイスを置こうとする。

エサの爺さん。

Right Caption

まぴこふん

どっち投げますの?
(いやー近い近い!!だめっすよ。)

一応おいらが先行で一番いい場所で投げている、つもり。

爺さんも常連で同じ場所に投げたい模様。1.5m真横に陣取った。

 

斜め投げw

真横に座った爺さんは投げウキのエサ釣りだそうだ。いきなり投げた場所は?
おいらの正面を飛び越して、更に反対側。

おいらが正面も斜めも投げられなくなった。(爺さんの反対側にいけば投げれるけど)

うーん、これはものすごいマナー違反だ。
会話しながらだったので多少の人間関係距離感は出来ているが、いきなりだったらおいらはブチ切れているだろう。

Right Caption

まぴこふん

あらま、すごいな~

と、まぁ苦笑い。
投げていた広さが左右180度から、一気に45度に制限された感じ。

Left Caption

爺様

ちょっと横行ったな

、だって。

Right Caption

まぴこふん

(いやいやいや、3人分くらいの場所浸食してますやん)

、と思いながらw

常連みたいなので、この際時合いまで情報を引き出してやろう、と仲良し大作戦に方針変更。
というのも、なんとなく去年も会ったような気がしたんだよね。

 

15:00 エサで釣れる

爺様と会話すること30分程。
15:00頃に爺様の浮きが沈んだ。鬼合わせ。

寄ってきたのはカマスだった。

Right Caption

まぴこふん

いるんだね~、さすがっすねぇ~

誉めておだてておく。

Right Caption

まぴこふん

おいら軽いワームなんで、そこまで届かないよ~

、とかね。

Left Caption

爺様

昼間から釣れたっぺぇ!!!

おいらも俄然やる気が出る。

爺様が釣れて上機嫌も手伝って、ここの港のポイントや最近の動向とか、昨日はこうだったとか色々聞きだすことができた。
さっき出会ったばかりの時に言ってたことと全然違うんだけどねw

まぁいいや。

 

◎時だよ!!常連集合!!

北ケイセンの景色

と言いながら、16:00頃に常連が集まってきた。

他の方々は投げる場所や居場所のマナーは大丈夫だった。

Left Caption

御常連

にいちゃん、これ。
饅頭、喰いな
Right Caption

まぴこふん

あ、ありがとうございます~
いただきます

爺様と話していたので饅頭や爺様からは飴をもらったりした。

気にいってくれたのか?
釣果の情報共有だとか、昔話だとかあちはこうだのあっちはこうだの。中にはいい情報もあったよ。

 

16:30 時合い?

そうこうしていると、コツコツあたりが出てきた。

回遊時合い

Left Caption

カマス

ここここっ!!

懐かしいアタリがきたので「きゅっ」と鬼合わせ。

ドラグがジッっと鳴り、いい感じにラインが出る。

Right Caption

まぴこふん

いやぁ~久しぶりだぁ
プリプリテールで釣ったカマス
丁度いいサイズのプリプリテールで釣れた

16:36にHIT。

👉ダブルフック可能な、このジグヘッド
3.5~5gでダートも得意な形状

👉カマスやフグの歯でも、ちぎれにくさ を謳うワーム
ちぎれたことはまだない、強い!!

👉スプリットリング
サイズに合うのをチョイス

👉下に追加のこのサイズのトリプルフック
これがキモ

周囲の爺さん連中も色めき立つ。

 

ウキを回収

ワームで釣れだして焦ったのか爺様がおいらの右に入って投げだした。

ブルーカレントと21ソアレXR
ブルーカレント610TZ と 21ソアレXR C2500Sに 夢屋スプール C2000コンプレックスカラー

数投して爺様のラインが切断した模様。

浮きが沖合に浮いている。
しゃがれた声で残念な感じになる爺さんと常連さん達。

Left Caption

爺様

・・・っぺよっ!!
●×◆□◎▼△ぺよぉ~~

さすがに現地人同士の会話は分からない。

Left Caption

通訳常連

「古いラインで替えていなかった」んだって

この頃には結構仲良くなっていたので、おいらのジグで引っかからないかと試すこと2投目。

助けてやると言ってからやると自身の釣りにシフトできなく、終わりが見えなくなるので黙って試してみる。

少しラインをたわませて、ウキの近くをジグを通すと見事に浮きが釣れた。

Right Caption

まぴこふん

おとおさん、ウキ引っかけたよ~
Left Caption

爺様

おおおぅ!!!こりゃたいした!!
あんがとよぉ~
カマス釣れたらあげるっぺ!!ぺぺぺっ

常連歓声、爺さん大喜び。

おいらもアジ釣りするから分かるけど、そのウキはライトアジでも使うリベンジャーだもんね、そりゃ嬉しいだろうw

この頃には「上手い兄ちゃん」っていう枕詞がつくようになっていた。

Right Caption

まぴこふん

いいえぇ~よかったっすねぇ~
(カマス待ってますw)

おいら用にカマス釣ってね。

 

風が出てくる

午前中はべたなぎ

予報通り若干風が吹き出した。
追い風の時もあれば向かい風の時もある。しばらく追い風が多かった。

エサ師にアタリはないみたいで延べ竿にシフト。

別の常連でマイナス思考の発言の多い方とルアーで共演。

 

Left Caption

常連

「今日もダメだぁ、釣れねぇ、飛ばねぇ、引っかかる、昨日は良かった、今日はだめだぁ、」

、のマイナス発言の繰り返し。

面白いことにしばらくして、マイナス発言1回につき1尾釣れるので、2人で大爆笑して楽しい釣りになった。

17:40前後、この間1時間程度でおいらは、エサ師の爺様たちを横目に6尾くらい上げた。
半分くらい気づかれずHITを弾いてバラシた感じ。

ここでももったいなかった。

 

別のエサ師が入れ食い

17:00の時報が片付けの合図のようだ。

Left Caption

爺様

ウキどうもありがとさんでした。
また会う時にはよろしくぅ
Left Caption

常連達

どもども、お先です。
またやりましょね~お元気で

ご丁寧にわざわざ挨拶しに来てくれた。悪い人じゃないんだよねぇw

こんな感じで年金生活常連ネットワークが広がるみたいだ。

Right Caption

まぴこふん

御親切に色々ありがとうございました~
お疲れさまでした~

釣れなくなって、常連達も帰った。

真っ暗にもなったのでライトが無いと手元が見えない。

おいらは昼からやっていて、まさか場所が被るとは思っていなかったので薄着でかろうじてライトはあったけど、グローブもなしで軽装でやっている。

さすがにそろそろ装備を拡張しないと厳しいかな、という時に、とある場所で歓声が起きる。

Left Caption

釣り師数人

うきゃきゃきゃきゃ・・・
Left Caption

釣り師数人

おひょひょひょ・・・

さっきまで一緒にやっていた常連とは違うエサ師数人がカマス入れ食いなのだ。
電気ウキで10m程投げているだけで、投入後すぐに浮きが沈んでした。

おいらもエサを持ってきているのだが、取りに戻るのも根元のクルマまで遠いので悩ましい所だ。
30分程で時合いは終わったのか、彼らもすぐにその場を立ち去った。地元の人なんだろうけどこの辺の判断が凄いよな、と思うところ。

 

20:10 場所移動2か所目

ブラックライトでワームを発光

このジグから離れられないw

👉ダブルフック可能な、このジグヘッド
3.5~5gでダートも得意な形状

👉カマスやフグの歯でも、ちぎれにくさ を謳うワーム
ちぎれたことはまだない、強い!!

👉スプリットリング
サイズに合うのをチョイス

👉下に追加のこのサイズのトリプルフック
これがキモ

 

常連に聞いた場所であたる。

Left Caption

さかな

こここっ

も、乗らず。

Right Caption

まぴこふん

これはおるな

再度同じ場所・レンジをトレースしてくる。

Left Caption

さかな

ここっ!!!

合わせる。

Right Caption

まぴこふん

えいっ!!
乗った!!!

ドラグを少し出され、丁寧に寄せてくると、見事にカマス!!!

これはまた時合い終了後、釣り人がいなくなってからの場所で釣れたので猛烈に嬉しい。

タックルはカマスタックルではなく、ちょい強めのアジングタックル。

ブルーカレント610TZ
~6gの汎用ライトゲームロッド
21ソアレXR C2500S
1000スプールが使えるこのサイズ感がいい
アーマードPRO0.2
強くて細くて良く飛ぶ

暗くなって人がいなくなった有名どころを徘徊開始。

1時間程かけて色々と投げてみる。
真っ暗だけど、ここでは2尾追加だったと思う。

 

20:30 場所移動3か所目

暗くなると釣り人がめっきり減る冨浦新港の特徴に感じる。

まぁ真っ暗だしね。

ということで自由に自分のやりたいところや障害物の際なんかを探ってみる。

そんな候補の一つの際を通してみるとまたHIT!!

Left Caption

カマス

ここつっ!!!

ここはもうカマスでしょう。

Right Caption

まぴこふん

ていっ!!!
21ソアレXRのC2500Sで釣ったカマス
夢屋スプール C2000コンプレックスカラー

ちゃんとあわせて結構乗りが良くなってきた。

ドラグを少し弱くして、合わせを少し強くする感じ。

Left Caption

カマス

くくくっ!!!
Right Caption

まぴこふん

とりゃ!!!

いやぁ~真っ暗な堤防に一人。

エサ師の投げる電気ウキの放物線を遠くに見ながらの釣れる釣り、楽しいねぇ。

ブルーカレント610TZと21ソアレC2500で釣ったカマス
ブルーカレント610TZ
21ソアレXR C2500S  夢屋スプール C2000コンプレックスカラー

ワームを変えたり、レンジを変えたり、スピードを変えたり。
色々試すこともできた。

 

21:00 雨風強し

予報通り、風邪が強くなり、小雨も降ってきた。
全然耐えられるけどね。

 

鴨川行かず

鴨川港の漁港前

1回現地見たいなと思ってはいたんだけど厳しいか。
鴨川や小湊のポイントもあるけど、釣りじゃなく引っかけ大遠投とかなので個人的にはいくら釣れても面白さは感じない

タダ巻きでも魚には口を使ってくれないと

21:00まで現地で釣りをしていた。
夜中に釣れたのは結構嬉しくて、あと1回くらい富浦に来たいな、なんて思うけど工事着手したら厳しいか。

反対側はそのまま入れるんだろうけど、人数は限られるだろうし真っ暗だしポイントは絞りにくくなるかな。

 

翌日は早起き

翌14日ストレッチしている画像からも、翌朝14日土曜日は7:00起きなのだ。

すでに身体は極限まで疲れている。
そしてちょっとお金関係の役割もあったので参加せざるを得ず、ここらへんで納竿にした。

最後の1尾釣れたら帰ろう、と狙いを定め、ジグを変えて、計画通りその1投目でいいサイズが1尾釣れたので満足した。

 

釣果まとめ

北ケイセンのカマスの釣果

左が朝まずめ、右が夕まずめ以降。

計18尾で、釣れたタイミングは朝まずめ4尾、夕まずめ5尾、夜9尾だったかな?

できれば釣行2時間とかで済ませたいが、釣り場には5時~21時と、累計16時間もいたことになる。非常に燃費の悪い釣りだ。
でも自身で試して出た結果の「夜の釣り」が最高に楽しかった。

 

振り返り

16時間やって感じたことを次の釣りにつなげるべく。

ワームがでかい?

発泡クーラーでカマスを持ち帰る
使い勝手のいい最強発泡クーラーで持ち帰る

暗い中のバラシが多かったんだけど、メインで使っていたワームが若干デカかったかもしれない。
何度かフックからずらされたり、テール部分が切断、切られたりしていた。

カマス向けのジグ単

ということで次からはで少し切断して、小さくしてカラーはケイムラとグローを重用する予定だ。
そして少し小ぶりなプリプリテールワームをメインにしてみる。

 

PE0.2で糸切れ

ライトゲームのPEラインで有名なピットブルとアーマードPRO
ピットブルと、アーマードF

決してPEアーマードF0.2が弱いんじゃなくて、ジグの重さを変えたり、タックルを変えた最初の1投目に指のかかりが深すぎて、水面直撃が何回かあった
直撃ならまだいいんだけど、その時の張力オーバーでPE切断というのが1.2回あった。

投げ方を少し押し出す感じに変えるなり、若干ドラグを緩めるなりの必要性を感じた。

 

機動力が必要

TICTのバケツにメイホウのパーツケース装着
TICTバケツに、パーツケース装着

回遊魚のカマス。こちらも動くことで遭遇する可能性を2倍に上げられる。

荷物は最小限にしたい。
ということで今回役に立ったのがメイホウのパーツケース。これをバケツに挟んでおくと使用済みのルアーを入れておける。


重い荷物を持つことなく、3WAY防水ランガンバックと、ロッドホルダー付きバケツとロッドだけで機動力良く徘徊できる。

その結果、居場所に遭遇することができたのかもしれない。

重くて荷物沢山あったらその場所まで 行くのも面倒になりそうだもんね。
バケツに予備ロッド一つ刺しておくのもありだけど、水汲むには2本直置きだし、管理釣り場用のロッドスタンドを導入しようか検討中。

 

料理

北ケイセンでのカマスの釣果
汎用バットトレーに並べる

今回は18尾だった。掛けたカマスはその倍は軽くいくくらいじゃないかな?

もっと釣れれば一夜干しとかにするけど、おいらは刺身と炙りが好きなので生で頂く。

カマス丼を炙る
格安炙りバーナー

韓国のり、大葉、塩昆布少々を置いてカマスを炙ってから、シラスを乗せる。
ネギ、みょうがもあれば最高だ。

炙ったカマスにシラスを乗せる

最高に旨い!!!

カマスの炙り丼と刺身

会員制ビールDREAM BEERのつまみとして刺身もあわせて最高の男飯。

刺身も格安炙りバーナーで炙る炙りも最高に旨いので干物づくりまでたどり着かないのだ。

工事の張り紙は風で飛んだ
内房のカマス釣り場

うーん、広くてとてもいい港なんだけど、立ち入り禁止、って本当に勿体ないよね。

今後は釣れている場所を都度探して行くしかないか・・・。

内房でカマスで遊ばせてもらった沢山思い出のある釣り場がまた一つ減ってしまった。

>>全国旅行支援を釣りに使う!!

>>ヤフープレミアム会員の損益分岐点

釣りSNSアングラーズ-釣果/魚釣り情報/潮見表の記録と検索

釣りSNSアングラーズ-釣果/魚釣り情報/潮見表の記録と検索

ANGLERS Inc.無料posted withアプリーチ