20221216富浦カマスの後半戦|エサ釣り調査と内房某港のルアー調査

内房・東京湾,釣行

20221216富浦カマスの後半戦|エサ釣り調査と内房某港のルアー調査

今回はカマス狙いの釣行である。
一応アジのコマセを持っての弱気な釣行だw

釣りの準備で玄関が荒れる
カマス狙いにアジジャック

そう、カマスが空振りしたら外房方面のアジの夜釣りを考えていた。

 

前半戦の釣果

富浦新港で昼間から釣れた肉厚カマスを締める

ブルーカレント76TZ
19ヴァンキッシュ2500S
▶ PE0.4、リーダー2号
▶ 乱獲ジグ単(ジグ単デルタマチック、下にトリプルフック釣れるフックサイズ

真昼間から予想外にカマスが釣れてくれたので、保険アジコマセは杞憂に終わる。

ルアーでのカマス、面白いね。
変にテクニカルじゃないのがコマセのおっさんにはちょうどいい。

昼間に釣れたカマス
魚にいいジップロック

ということで、結構いいサイズの肉厚カマスが10匹以上釣れてくれた。

これはこれで満足であるが、時間はまだ17:00過ぎだ。
冬なので真っ暗なんだけどね。暗いから魚もルアーを目視できんだろう、と勝手な推測。

 

エサ釣りに移行

キビナゴとサバをアミノリキッドで締める
アミノリキッドで締める

今回は前日に必殺の液体アミノリキッドで締めたキビナゴにサバを持ってきている。過去、常連爺さん達が同じようなエサでマズ目に入れぐっていたからね。
これも保険だ。

仕掛けは電気浮き釣りの2本針。

5号電気ウキ、4号おもり、2本針

 

リキッドを試す

カマス餌にアミのリッドで締めたキビナゴ
アミノリキッド

エサはキビナゴとサバである。前日リキッドで軽く締めてある。
エサの持ちが格段に違うのでこれは猛烈におすすめである。

しっかりしんなり硬くなる。

サバときびなごをアミノリキッドで締める
アミノリキッド

大体キビナゴは投げる時にすっとんでいくくらい柔いから、このリキッドがないと釣りにならないんじゃないかというくらい。

富浦新港の夜釣り電気ウキ
他人と差別化、白の電気ウキ

1時間くらい。

手持無沙汰なので一応ルアーも投げながら白い5号電気ウキを見つめる。

サバときびなごをつけるカマスのエサ

いやー寒いね。こんなに冷えるとは。

風が無いのが唯一の救いだけど、風があると耳当てに目出し帽スタイルじゃないと無理かもなくらい冷えるね。

 

場所移動

夜の船形港
内房の釣り場

エサでも当たらなかったので場所移動。19:00だ。
ちょっとルアーを投げに場所移動。

以前釣れたことがあるんだけど今回はどうか?

 

ジグ単タックル準備

ブルーカレント610TZと21ソアレXRC2500S
21ソアレXR C2500Sと、夢屋スプール コンプレックスカラー

あわよくばの近距離戦になったため、アジングタックルに変更する。

ブルーカレント610TZ
21ソアレXR C2500S
アーマードPRO0.2号、リーダー1号
▶ 1.2gジグ単

非常に使い勝手がいい組み合わせ。

21ソアレXR C2500Sリールのスプールサイズが夢屋スプール C2000コンプレックスカラースプールになり、ロッドとのバランス面でも秀逸である。
巻きも軽くて滑らかでお気に入りである。

ライトゲームのPEラインで有名なピットブルとアーマードPRO
ピットブルと、アーマードPRO

今回入れ替えた、アーマードPRO 0.2のPEラインと、ピットブルのPEライン、ともにいいね。
きちんとPE柔軟剤を噴霧しているからかトラブルも皆無。

軽いジグ単がすっ飛んでいく。

一応乱獲ジグ単(ジグ単デルタマチック、下にトリプルフック釣れるフックサイズ)も試す。

カマス専用乱獲ジグヘッド
デルタマチックと、釣れるフックサイズ

うーん、魚っけがない・・・・。
ベイトが皆無なのだ。

なんか釣れる気がしない。

 

悩む

時間にして20:00である。
内房の館山から勝浦まで大体56キロ。

富浦から勝浦までのルート
内房の釣り場

一応アジもできる道具は準備できている。

ナビでは到着22:00とのことだ。1時間チョイじゃないの?
もっと近いと思うんだけどそんなにかかるか?輸入車のバカナビ。

夜の館山道を自宅に向けて走る

そして、勝浦は釣り座が半減したので人が入れないんじゃないか、という勝手な憶測で移動するのをためらった。

2か所目に来る前、早めの移動判断できれば、そして以前の状態だったら勝浦へ夜釣りに行ったんだけどね。残念。
この日も夕マズメは釣れていたそうだ。

 

帰宅した

富浦から1.5時間で自宅に着いた時計の図

21:40には帰宅。
やはり道路が空いているのが気持ちいい。

自分の勝手知ったる田舎以外、都心で土日に釣りに行かない理由はこういうところだ。

渋滞の時間が勿体ない。別のことできるもん。

 

捌く

富浦新港で釣った肉厚カマス
内房の釣り場

汎用バットトレーに並べた今回の釣果はカマス16匹。
バラシは5匹くらいかな。

調理中の肉厚カマス

いずれもナイスサイズと重量感からバラシは非常に勿体ない。そして肉厚カマスなので刺身や炙りでの食べ応えはかなりのはずだ。

肉厚カマスの刺身を調理中

帰宅が早かったので当日金曜の内に捌いて寝かす。
日曜日の某スポーツ4時間の練習後に酒を飲みながら炙った刺身を喰らうのだ。

 

食べる

アウトドアクッキングセットとガスバーナー
格安炙りバーナー

炙りアカカマスはアジの刺身より好きだ。
香ばしさと脂の焦げ加減が最高においらの口にマッチする。

バーナーでカマスを炙る
使える格安トーチバーナーで炙る

焦げた脂のニオイが物凄く香ばしい。

Left Caption

おくさま

すごい、小樽の料理屋さんのニオイだぁ~♪

おいらはこのニオイだけでクラフトビールの定期便が進む進む。

カマスの刺身と炙り

これで2.3匹分なので、まだ3.4日くらい炙りカマスを楽しめる。

バーナーで炙ったカマスとシラスのどんぶり
格安炙りバーナーで炙ったカマスとシラス

結果、水曜日まで飽きずにカマス丼w

夕マズメの冨浦新港の港内から堤防を見る

今回はカマス狙いで内房に突撃した。年内2回くらい釣行を計画している。

1回は外房のカマス、もう1回は内房か外房のアジを検討している。

さぁ、平日頑張って法定5日は当然のことながら、年間20日、まだプール30日ある有休を順調に消費しよう。

>>全国旅行支援を釣りに使う!!

>>ヤフープレミアム会員の損益分岐点

釣りSNSアングラーズ-釣果/魚釣り情報/潮見表の記録と検索

釣りSNSアングラーズ-釣果/魚釣り情報/潮見表の記録と検索

ANGLERS Inc.無料posted withアプリーチ