【サーフの人気高級魚】釣れたマゴチの捌き方 素人の簡単レシピ・料理

生活

スポンサーリンク

まずまず納得の釣果を得た2020年後半戦スタートのアジ釣り。

 

【サーフの高級白身魚】釣れたマゴチの捌き方 素人の簡単レシピ・料理

dav

アジ28、メッキ2、マゴチ1、イワシ61、チャリコ2、サバ3 くらいかな?

 

釣った魚を自分で料理して喰らう!!当初の目論見

  • サイズのいいアジとマゴチは刺身に
  • ミニアジ・サバは唐揚げ?
  • イワシは梅煮とつみれ汁に
  • チャリコは鯛めしに
  • それぞれの切り落としは潮汁に

なってもらう。
盛りだくさん、欲張りである。

 

今回の釣果、をどう楽しむか。
これが第二弾の愉しみ?

言い換えれば捌きの罰ゲームである。

初めての良型マゴチを捌く

dav

泳がせでの50センチのマゴチである。
マゴチって???

以下wikiより

全長は50cmほどだが、最大約80cmほどの大型個体もたまに漁獲される。

体は上から押しつぶされたように左右に平く、口は大きく、下顎が上顎より前に突き出ている。
目は小さく、下顎の先端は丸く、胸びれに小さな褐色の斑点がある。

 

 

人間だとたまらん不細工w。

アインシュタインの稲田なみである。

顎の反りが???www

dav

似てない???

 

 

 

腹側は白いが、背中側は黄褐色-褐色をしていて、細かいまだら模様がある。
ただし、海底の砂泥の色に合わせて体色をある程度変えることもできる。

正確にはどんな魚よ?

日本の分布域は、日本海側は山形県以南、太平洋側は宮城県以南とされる。

海岸から水深30mほどまでの砂泥底に生息する。
夏は海岸近くに寄ってきて、砂浜海岸や干潟の海中などでも姿を見ることができ、河口などの汽水域にもよく侵入するが、冬はやや深場に移る。

海底の砂底に腹をつけて生活する底生魚で、あまり動き回らずに平たい体と褐色の体色で砂底に擬態し、敵や獲物の目をあざむく。
砂底に浅くもぐることもできるので、ぱっと見たくらいでは砂底と見分けがつかない。

産卵期は初夏で、海岸近くの浅場で産卵する。
稚魚は最初浮遊生活を送るが、やがて底生生活に移る。

 

夏が旬で高級食材として扱われ、釣りの対象としても人気がある。
ただし頭部には小さな棘が多いので、不用意に手で触るとけがをする。

体の前半部分は骨が多いが、尾の近くは骨も少ない。
身は歯ごたえのある白身で、刺身、洗い、寿司種、煮付けなど、いろいろな料理で食べられる。

 

おいらの基本、刺身で喰ってやる

初めて捌くのでおそるおそる。
アジとは勝手が違う!!

 

▼まずヒレを表裏、頭部のとんがりを落とす

dav

落とさないとこんなになるw

dav

流血。
見事にヒレが刺さった。

ウケ狙いではない、まじで刺さって痛かった。
皆さんも注意されるべし。

 

▼鱗をきっちり落とす

すごい簡単に落ちる名機、これが秀逸。

dav

簡単に鱗を落とせた。

 

▼ヒレの脇から包丁を入れる



出典:HONDA釣り倶楽部

上もしくは下から見ると「V」の形で包丁を入れる。

 

▼3枚におろす

 

が、体が丸いのでコツがいる。

dav

血合いはきちんと取っておく。
ここで、やはり血抜きの効果が発揮されている。

身が白い?!

 

dav

wikiのとおり、骨は少なく非常に扱いが良い。

 

▼皮を引く

青物やヒラメと同じ要領だ。
包丁を動かすというより、包丁を固定し、まさに皮と身を引いてくる感じ。

dav

そして、皮は湯引きにできる。

dav

 

▼骨を抜く

これがまた秀逸。

dav

 

▼キッチンペーパーで少し保管

毎日交換、寝かすのは2-4日がベストでは?
右がわのね。

左のバットのはアラである。

dav

 

バットはね、

なんか、寿司屋みたいで好きなだけw
ま、色々魚に限らず食材をおくのには重宝する。
3枚セットだし。

▼刺身で頂く

これがまためちゃめちゃ美味い。

dav

盛り付けとか飾らず、バットのまんまなんだけどね。

 

 

刺身醤油は断然これ。
深みのあるコクのある、濃い味。

 

真子は煮つけで

dav

醤油、みりん、酒で味付け。

dav
dav

口触りが非常によく、コクのある味覚。
酒が何倍も進む。

 

皮の湯引き

まだまだ活用できる。
沸騰したお湯に皮をくぐらせて、氷で締める。

dav

で、ポン酢で食べる。

dav

若い時に味わった食感と同様w

ん????

コリコリしている。

dav

刻んで、ネギとポン酢を振りかける。

dav

最高の晩酌に変身する。

 

おいらの釣ったことのある魚、刺身選手権結果

おいらの美味かった刺身の順番では、

マゴチ > オオモンハタ=ヒラメ=イシガキダイ=ショゴ > イナダ=アジ=シマアジ=イシモチ > アイゴ=1600円養殖の鯛

 

総支出を鑑みるとコスパだけどね。

 

大好きなキスとハゼは天ぷらなので別会場w

なんと、今回釣れて満足、とか、我ら馬鹿リーマン尾形の必殺得意技、THE忖度、とか、お世辞、抜きにマゴチが一番。

 

マゴチ、おいらは4日目が最高に美味かった。

ムチっていう、柔らかいお餅?若い女の子?w
みたいな食感w

 

残ったアラの活用方法

あら汁の出汁、もしくは潮汁でも使える。

dav

ので、おいらは食材がたくさんあるので今回は冷凍保存。

dav

のちに第何弾かの潮汁のベースになってもらうのだ。

 

 

マゴチは全身くまなく美味しく食べられることが分かった。
ある意味ヒラメより嬉しい感じ。

 

 

そして、こんな 美味しい思いをした釣行。
再度再現すべく、泳がせエサ延命に最強アイテムをたった900円台で購入。
こいつが一番泳がせエサを長生きさせるのだ。

 

mde

気温水温差のある環境でのブクでの泳がせエサの維持は1時間である。
スカリアイテムでの維持は途中で終了したけど、5時間大丈夫だった。


このアイテムもこちら釣果を参考にしている。

正直ヒラメより美味かったので、マゴチを本命にしてもいいくらいであった。
こうしてサーフメインに釣りものに移っていくのだろうか???

 

スポンサーリンク