小さいタチウオの天ぷらの作り方・レシピ|骨が気にならなくて最高に美味い

食べる

スポンサーリンク

小さいタチウオの天ぷらの作り方・レシピ|骨が気にならなくて最高に美味い

選んで釣れるほど上手ければいいけど?、
釣れてしまったF2.3サイズまでのタチウオ。

リリースできればいいいけど、大概複雑にフックにかかって流血している。

おいらトリプルフック使ったからね。。。
ごめんよぉ。

でも食べる魚を釣るのが趣味なので、きちんとおいしく食べるよ。

カマス・タチウオに効いた仕掛け

小さいのはできればリリースがいいんだろうけど、
リリースしても死ぬだろう傷を負っているとき、こんな時は食べてあげよう。

 

でも料理どうする?

捌くの難しいんじゃない???
骨すごいんじゃない??
身がないんじゃない?

いんや、実はそうでもなかった。
むしろ簡単にできる。

Right Caption

まぴこふん

フワフワで骨も感じず、抜群に美味いよ。

試して最高に美味かったのが唐揚げ(ん?天ぷらかな)。
うん、てんぷら粉で作ったから「素人天ぷら」にしておこう。

 

料理の仕方

実際は、

唐揚げと天ぷらの違い

『天ぷら』
食材に、卵、冷水、小麦粉(薄力粉)等をつけて、油で揚げたもの


『唐揚げ』
食材に、下味をつけて、小麦粉(薄力粉)または片栗粉を薄く塗し、油で揚げたもの

唐揚げと天ぷらの違いは上記、下味をつけているか否か
なので、今回、下味なし、なので ”太刀魚の天ぷら” になる。

 

頭と尻尾と内臓を落とす

捌き方は魚全般同じ。
頭と尻尾と内臓を落とす。

尻尾を落とす。
背ヒレはこのサイズなら気にしなくてOKだった。

意外と内臓は少ないのでハサミで。
割いてほじくればOK。

 

ぶつ切りにする

魚体の水気を取ってから(そこまで気にしなくていいけど)、適当に一口サイズにぶつ切り。
特に鱗の処理はしていない。

 

てんぷら粉をつける

てんぷら粉は市販でいいのがあるのだ。
こいつをまとわせるだけでOK。

水量を間違えないように、まぜるだけ。

ここまで下味は何もしていない。
個人的にはここで塩コショウをまとわせてもいいと思うけど。

 

揚げる

大体180度くらいで揚げる。

ダマが浮いてきたら投入するいいタイミング。

うまそーーーー。
ついつい手が伸びてビールをあおりたくなる。

 

味付け

市販の黄金比の塩コショウで合わせる。
これが最高に合うのよ。

 

揚げたてが最高に美味い

マヨネーズと塩コショウとビールがあれば最高!!!
自作タルタルも追加してもいい。

 

塩と胡椒のバランスが秀逸な、アイテムで愉しめる。(焼き鳥にもいいよ)

 

骨が気になるかと思ったけど、一切存在が分からない
永遠白身な感じでほっくほく!!!

この白身のフワフワ感は、ハゼの天ぷらと同じくらいすごい軽さ
ハゼの骨より存在を感じないので、もしミニタチウオをゲットできたら、少し食べてみてもいいかもしれない。

 

必要なアイテム

同じ味を出すのにおススメ。
プロのMIXしてくれた、てんぷら粉と塩コショウのバランスが大事だと思う。


Left Caption

おくさま

本当にこんなにフワフワなんだ!!
美味しい!!

本当に試してみたらいいと思う。
おススメの料理です。

⇒ 実に料理は奥が深い

⇒ 釣ってきた釣り場

Right Caption

まぴこふん

5分でできるタルタル追加だ!!



コロナ生産調整で、予約しておかないと例年以上に入手困難が予測される。
>>22ステラ 発売

 

>>冬の夜釣りでも全然寒くない!! 電熱ベストのバッテリー相性の記事はこちら