【味噌汁保温!!冷めないお椀】真空断熱の汁・茶椀 カルドン@パール金属がおすすめ HB-1099

生活

スポンサーリンク

釣りをしていると新鮮な魚を目的とすることが多い。

 

おいらのメインは釣って楽しく、食べておいしい魚をおかっぱりから、がコンセプトにしている。

 

 

刺身・てんぷら・塩焼き・味噌汁が無駄なく使うレパートリー。

 

新鮮な自分の釣ってきた魚は海の香りが違うのよ。

 

 

dav

刺身やどんぶりで堪能した後は・・・・

 

【味噌汁を最後まで熱々で】パール金属のカルドンの真空断熱茶椀が最高 HB-1099

 

いつも締めは味噌汁だ。

dav

出汁はきちんととれるようになった。
安物昆布とカツオだしとあらのコラボ。

 

mde

これは昆布締めの二次利用だから量多めw。

dav

黄金の出汁として冷凍保存。

 

 

 

実際は、これを薄めて使う。

ただのお茶漬けだとしても、全然風味が違う。
ちょっとお高い、寿司屋の味噌汁のようだ。

 

業務用味噌汁は数十円とやっすいから、社内昼飯のスープ用に持っていくこともあるw


釣った魚は、刺身にして堪能。

でもね、食べていて、味噌汁にたどり着く締めのときには、冷めているのが嫌だった。
むしろ気持ち悪いw

味噌汁は対流が発生して、空気と触れるので、熱々は5分で冷めるんだって。
これ必然。
そして、木製という手もあるのだけど、木製茶碗はすでに今使用中。
それでも冷める、というわけだ。

 

熱々ですすりたい!!!

 

 

 「真空のお椀」 を導入

 

最初はおいらの普段使ってる、サーモスで探していたんだけど、味噌汁にはどうも腰高。
そう、欧米スープスタイル。

 

 

日本の味噌汁のスタンダード。
個人的には、スープならまだしも、洋風な銀色のお椀で味噌汁は飲みたくない、おしゃれだけどさ。

 

これくらいの「ザ!!お椀」って感じの真空断熱お椀がほしい。

 

dav

 

 

 

理想のやつが、あったぜ!!!!

 

 

 

 

これなら、一口飲んで、締めるときに冷めている、なんてことはないのだ。
最後まで出汁のきいた熱々の味噌汁で締めることができる。

これは本当に幸せなこと。

 

 

仕様はどんな?

 

製品サイズ:(約)外径140×高さ80mm
製品重量:(約)210g
材質:本体/ステンレス鋼(シリコーン樹脂塗装)、すべり止め/シリコーンゴム(耐熱温度180度)
原産国:中国
満水容量:640ml

下の赤い色のはシリコンラバーで黒と赤が付属。
取り外せる、滑り止め。

 

特徴は?

●スープ・ご飯が冷めにくい。
熱を伝えない真空断熱構造なので冷たいもの、温かいものの温度を保つ

●熱いものを入れても外側が熱くならず、冷たいものを入れても外側が結露しない

●18-8ステンレス鋼にシリコーン塗装をしているので、欠けたり、割れたりすることがない

●底面のすべり止めのシリコーンゴムは使い分けできる2色付

●重ねた時に金属音がしない

オーブン・電子レンジ・食器洗い乾燥機・塩素系漂白剤は使用不可
 これは仕方ないか・・・・
 これだけ毎回スポンジ手洗いだ。

でもご安心あれ、特殊加工?なのか、本当になでるだけで汚れがおちるから楽ちんだった。

 

 

 

 

 

評価はどうよ??

 

 

 

ええやん!!!

真空なのでサーモスと同じくらいの保温効果がある。

 

 

 

 

シジミの味噌汁がぬるいのは嫌だ。

ということで2つ、サイズ違いで導入。

mde

男なら640ml
奥さんには340ml

 

 

これで他のお椀はいらない。
安いし、長らく使えるから、いいと思うよ。

食べチョクで格安で毎週届く刺身鯛を使った、鯛茶漬け+わかめ。

mde

冷めない。

味噌汁もお茶漬けも最後まで熱々、最高!!!

 

 

陶製や木製がたくさんあるより、これを一人ひとつにすればミニマム生活に寄与する。

 

年取るごとに食べ物の量は減少、でも~ 味覚が発達。
質に傾倒。

 

みんなもきっと、そうなるよ。

 

スポンサーリンク