20210912江戸川・船堀界隈で2021年初のハゼ釣り~サイズどう?

東京湾, 釣り, 釣行

20210912江戸川・船堀界隈で2021年初のハゼ釣り~サイズどう?

永遠の緊急事態宣言。

房総半島で ”おいらも知っている釣りができる行きたい場所” は どこも・・・・・だ。

さらに高速も値上げ中につき、無駄撃ちはやめたい。
御上は何が嬉しいんだか。

ので、
やっと、”狙ってもいいかなサイズ” に成長したか ”ハゼどん” のご機嫌伺いに。

 

Left Caption

友人

そろそろハゼどんのサイズ伺いいかないとね!!
Right Caption

まぴこふん

そうっすね、そろそろ行ってみますかw
そんなちっさいの釣って満足できますか?
Left Caption

友人

ちまちました釣りに醍醐味が集約されてますやん、釣りって。

 

⇒ 色々確認してポイント選択、
数か月ぶりに会う友人と、都内下町に釣りに行くことにした。

 

前日の準備

ハゼは久しぶりで道具があちこちに散乱格納しておる。
エサ釣りは3月のアジ以来か?

散乱収納からかき集めたアイテム

忘れ物ないか復習しながらアイテムを詰めていく。
電車釣行なのでミニマムスタイルで。

左の2本の棒と筒、つまり ”延べ竿3.6m” と ”ウルトラライトのパックロッド5.3ft” で愉しむのだ。

エサの準備

ハゼ釣りの餌準備
参考:マルキュー ”漬け込みだれはこれだ”

おいらの刺身大好物の帆立ボイルとツケダレを仕込んだ。

アジ用の刺身イカもついでに試す。
普段アカタンで使うやつだ。

レパートリーは ”ホタテ、イソメ、塩イソメ、イカ、パワーイソメ” である。

 

合流から乾杯

途中まで通勤ルートなのでなんだか微妙w

朝から雨だったようで、蒸し暑い。
10時現地の駅集合。

潮周りは昼にかけての下げなので到着から昼までが一回目の勝負かな。

路地にある釣りエサ店
コロナでやってないかと思った

1年ぶり、途中のエサ屋がやっていて一安心。
店主も変わらず元気だ。

取りあえず乾杯から♪

おいらは今年禁酒2回目の、26日目

やはり、1滴でも飲みを再開すると制限なく飲み続けてしまう。

ので、そろそろ1か月、アルコールは体内に入れていない
酔って変になることは一切ないんだけど、太ったから自制で我慢だ。

 

 

荷物とタックルと1日の予定

ま、日曜日を外でのんびり過ごそうか、と。

荷物

サーモスソフトクーラーにキンキンの氷、餌箱、釣り道具。
帽子に雨具、財布にスマホくらい?をリュックに突っ込んでのいで立ち。

さぁ準備だ

店開きの図。
個人的にかなりの軽装。

 

潮まわり

小潮で、さほど動きのない感じ。
これからおいらのアジ釣行検討の週末にかけてさらに悪化する。

 

タックル

パックロッド格納の図
参考:パームス クワトロ5.3UL

電車釣行なので、リュックに入るスタイル。
伝説の?かれこれ数十年続くモデル、イエローのパックロッドである。

今回は当初脈釣り、午後シモリで行こうかと思っていた。

 

けど、水草や流れによってシモリは少し使いづらいかな、ということで脈釣りぶっこみメイン。
ということで、まずはこいつで行く。

ハゼ釣りタックルの画像
参考:ゴメクサスライトゲームハンドル

ロッドはパームスのクワトロ5.3ULの4ピースロッド。
リールはC2000S、4月頃オーバーホールしてから初実践である。

 

仕掛け

ラインは0.3号ナイロン

参考:誘導式ハゼ天秤で当りがより軽快 はこちら

錘1号の誘導式天秤仕掛け
1本針のハゼ針5号(ハリス0.8)

 

エサの準備

ハゼ釣りのエサ勢ぞろい
参考:アミノ酸の魔法の粉はこちら

タレに漬けた帆立にイカに追加して振りかける魔法の粉w
色々試すのだ。
左は塩イソメ、中に活きのいいイソメ、右はボイル帆立やイカの漬け込み+魔法の粉、のバリエーション。

 

某サイトで「河口 ハゼ釣り」を検索したり。


↑ 某サイトで確認だ

 

釣り開始


参考:このⅭ2000でなく、こちらの500サイズの最小リールでもパックロッドにマッチする

た、たのしい。
猛烈に楽しすぎる。

本当はズームサファリでも良かったんだけど、曇天だから派手目にしたのだ?!
意味わからんけど。

 

軽くアンダーハンドキャスト。
穂先のしなりを使ってワームを出す感覚で1号おもりをぶっこむ。

まずはイソメから。

 

初バイト

”ぷるぷるぷるぷる”。

来た来た、と喜ぶも残念ながら針掛しない。
うーん、魚が小さい?もしくは針が小さい?

針は以前の残りの5号。この時期若干小さいか?

いっちょ前に針にかかることも・・・

しばらく投げてアクションさびいて底をこづくも、乗らない。

15分して2バイト。
と、渋いね、という話をしていると水門が開き、水流が流れだした。

 

と、 ”ぷるぷるぷる”!!
すぐさまHIT!!

リール:巻き心地は最高

ギルかよw
笑いながらリリース。
アジ狙いでの海のフグと同じくらい興ざめである。

 

懲りずに続ける

で、また探る。

”ぷるぷるぷる”♪

⇒ このスペアスプールでPEと併用している

小気味よい引きで上がってきたのはミニサイズのハゼ。
嬉しいぜ。

次から次へ。

うん、かわいい

これが入れ食いだと酒の肴にもってこいだ。

水流復活とともに今までの渋さが嘘のように当たるようになった。
口を使いだした感じ。

 

ULロッドが楽しい

”見てくれ” が気に入ったロッド。
1号3gをスナップでアンダーハンドキャストできて、素直ですごく使いやすい

いいぞ~♪
これくらいのサイズになると、いっちょ前に首を振る感じで潜ろうとする。


もう、落ち葉の季節・・・・。

 

ULとはいえ、2-6g耐用のロッドの穂先を軽く曲げてくれる。
いいロッドだ。

以前はエッグキャストタフィーで遊んだね。

 

こういうチマチマした遊び、意外と楽しいねぇ~。
食べておいしいし、アジ釣り師にはぴったりだw

参考:リールのコルクノブはこちら

今回はアジングや遠投カゴみたいにしっかり振りかぶりはしないけど、
ロッドアクションをつけながら、ロッドとリールを構えているだけで満足だ。

 

そこに ”ぷるるん” きちゃうと、おじさんもうたまらん。

ちなみにハゼなら、パームスクワトロは ”46XUL” でもいいくらいだ。

参考:パックロットのパームスクワトロ53UL

この食いしん坊め。

 

おっさん2人、遊び続ける

朝から、たまーにポツポツ雨が降るも、濡れるほどではない曇天。

で、相変わらず半そでで来てしまい、曇りでも腕周りは真っ赤に焼けてしまった。
ピエロみたいになる鼻頭は、マスクしてるから大丈夫だったけど。

 

バサーの友人の得意技、ギルもいる

昼飯も食い、休憩したり、飲んだり、会話したり、エサを変えたり、あれこれ工夫したり。

無事にボイル帆立もイカも ”漬け込みタレ” と ”魔法の粉” の効果か、普通に釣れてくれた。
パワーイソメを試す暇もなく。
あっという間。

 

後半根掛りがひどく、3連続仕掛け切れによりおいらは納竿。
水門が締まり水流がなくなるとパタッと当りがなくなるので辞め時がわかりやすい。

このサイズ感がいいのよ

そんな仕掛けなくしまくりのおいらに、おススメの仕掛けを教えてもらった。


小物用のサルカンだ。
ハリスが細いとハリスだけ切れるので、上の錘から準備する必要がない。
つまり手間は半分だし引っかけるだけ。

忘れておった、これ、次から買おう。

 

綺麗に片付け


参考:なんでも入る防水メッシュのリュック

もう充分楽しめた。
久しぶりの立ち時間の長さに膝も腰も結構痛くて。

ゴミはきちんと持ち帰ること。

 

本日の釣果

イヤー渋かった

16:30までぶっ通しで友人と楽しむが、思っていたよりは渋かった。
今回もサーモスのソフトクーラーが大活躍

参考:サーモスソフトクーラー

保冷剤、底と蓋に2枚で8時間、ひんやりできて小物系ライトゲームには最適だね。

中身は ”釣った魚、ノンアル500ML、ペットボトル500ML” を保冷してくれて、
帰宅後、保冷の硬い部分がまだ残っている感じ。

 

帰宅後の料理

キス天より口当たりが繊細で好きかも

当日内臓処理して、翌月曜日の晩酌にて愉しむ。
思いのほか天ぷらが ”ふっわふわ” ”サックサク” で美味くて、奥様も大変満足とのこと。

 

Left Caption

おくさま

なにこれ、顔はみれないけど、ハゼ天、超美味いんですけど!!!
Right Caption

まぴこふん

せやろせやろ(^_-)-☆

また今週いっちゃうかもだ。

たまらん美味い

余りにも美味くて、同時に出してくれた肴である ”冷奴とおくら” と ”漬物盛り合わせ” を
別の場所に忘れて奥様とがっついてしまった。

 

ハゼ釣行で活躍したアイテム

Left Caption

友人

いやぁ、めちゃ楽しかった(^_-)-☆
今シーズンスタート、また行きましょう。
Right Caption

まぴこふん

是非是非(^_-)-☆
アジ釣りシーズン開幕前の予行演習で♪

リュックに収まるのでナイスです。

今回のパックロッド ”パームスクワトロ”

ライトゲームには ”畳めるサーモスソフトクーラー”

 

さて、9月後半は飛び石連休含め、遅めの夏休みだから。
次は ”延べ縛り” で友人と勝負?、放水路かクローバー界隈かな?