カストキングベイトリールのインプレ|タコ・バス・ボートにコスパ最高!!

道具

カストキングベイトリールのインプレ|タコ・バス・ボートにコスパ最高!!

2019初夏
夏にかけて釣りものを検討するうえで、タコをターゲットにしていた。

タコといえば・・・・・・
堤防のへちをねちねち、てくてくの釣り、と決めつけていた。

そして初夏の湾奥。
タコ乱舞。


こんな投げないと!!な場所ではベイトは役に立たず。

 

テクテク作戦用リール

で、元々、てくてくねちねち作戦用に用意していたのが、このロッド。

Right Caption
まぴこふん
おおおぉぉ~超懐かしい!!!


昔懐かしい、バスでつかっていた国産ダイコーのバスロッド。

で、このリール。

カストキングのベイトリール
カストキング

 

今回はリールについて

こいつ、がもう、驚きのコスパ最強リール。

おいらは釣りを始めたとき、シマノバンタムマグナムライトを信仰していた。

いつかはそいつと、当時目新しいスピナーベイトという今では当たり前の仕掛けで
バスを釣ることが目的だった。

まだ、実家にあるかもw

今でもカルカッタは初代からずっと大好きなリール。

そう、シマノのテレビ宣伝にやられていた口w

 

カストキングの感想

この値段の機種でも今はワンタッチでスプール受けが外れるのね。
すごい。

おもちゃ的な感じを想像したけど、思いのほか本格的。

バスでも問題ないよね、これ。
練習用でもいいんじゃない?

まぁ細かいことは、こちらでサイト見てみれば真偽のほどはわかるはず。

結構細かく記載されている。

実は、おいら2個持ってるwww

 

ちなみに使用感

 

カストキングベイトリールの使用感は?
▼ハンドル巻きは軽めで引っ掛かりも感じずスムーズ
▼ドラグも普通に効き、作りこみも別に悪くない(音は出ない)
▼正直その値段には見えないのが驚き
▼1万半ば~、くらいの操作感に感じる
 

繊細なブレーキングは多少甘いようなので、シンカーも少し重めので
大味な釣りには十分ではないかと思う。

 

お勧めの釣りは?

 

ブラックバス

初心者のバスTRYとか、久しぶり&普通のアングラーでも全く違和感のない使用感。
さほど頻繁にやらない、とか2.3番手の趣味が釣り・バス、という人や、子供なんかへの導入には最適。

 

穴釣り

穴に落とすときの手返しは片手で出来るので圧倒的にベイトリールが最強である。


引き上げるときのパワーもスピニングとは全然違うしね、安心感。
この値段なら多少雑に扱っても、テトラや磯にぶつけても何も気にしなくていい。

さすがにこれを雑に使う気にはなれない。

 

タコ

テクテクテク。
歩いて探る場合の道具にどうぞ。
タコロッドでおしゃれに飾る。

本格的にやると、サイズも耐久性も高いナイスなリールがおしゃれでいいけど、
技術ではなく、いるかいないか、のタコにはコスパな道具が一番。

多少無理なやり取りでもコスパという実力を発揮する。



カヤック&ボート&船

個人的にはこれが一番おすすめかも。



結局潮をかぶることが前提だと高いアイテムの水没は避けたい。

スムーズに動かせて、そこそこドラグが強くてコスパなのが一番使えるはずだ。
落としても財布に痛くない。

太刀魚とか小さい青物のライトジギング
アジコマセ船、シロギス船、ライトな船釣りにもカストキングバッチシじゃないかな。

人に貸すとか船宿準備とかもありだよね。
誘われたりして船でやる、みたいな時のお試し道具としては安くてコスパいいよ。

船酔いして好きになれなかったら5000円だしね、痛手ではないし。

 

どんな仕様?

 

 ▼重量:230g(コルクタイプ)215g 

⇒ セラミックラインガイド採用。

 ▼精密加工真鍮製ギア採用 

 ⇒ 強化グラファイトボディにクイックリリースサイドカバーを採用。

 ▼ハンドル左/右 巻取り長さ(ハンドル1回転):68cm 

 ⇒ 軽量20gのCNCマシニング加工アルミスプール採用。
 ⇒ 左/右ハンドルモデルを用意。EVAノブ付アルミハンドル採用。


 ▼最大ドラグ:8Kg ギア比6.3:1 

 ⇒ 4層カーボンファイバーワッシャー式ドラグシステム搭載。ドラグ力 8Kg。

 ▼デュアルブレーキシステム 

 ⇒ 10段階の磁気ブレーキ+6段階の遠心ブレーキを独立制御。
   デュアルブレーキシステム搭載。


 ▼スムーズなキャストとハンドリング 

 ⇒ ワンタッチ操作のワンウエークラッチシステム採用。
 ⇒ セラミックス製ラインガイドシステム
 ⇒
 11+1個の密封ステンレススベアリング採用。

 ▼ライン容量 

 ⇒ 0.285mm/115m、0.33mm/90m、0.37mm/75m、0.4mm/60m


 ▼フィールド 

 ⇒ 江、河、湖、海、とターゲット魚種多彩、あらゆるフィールドに対応。

 

どんなブランド?評価は?

『カストキング』は米国スポーツフィッシングトレードショーでアワードを受賞した、実績あるブランド。
日本でいうところのフィッシングショーかな?

この値段にしては、非常に評価はいい。

 

いわゆるコスパ最高、だからだろう。

 
こいつのベイトキャストロッドとのコラボで超お得なタックルが完成する。
 
 
⇒ どちらにするか、かなり迷ったやつ
 
なんたって合わせてカストキング諭吉アンダー。

そう合計10,000円しないでスマートな満足タックルが入手できる時代である。


>>全国旅行支援を釣りに使う!!

>>ヤフープレミアム会員の損益分岐点

釣りSNSアングラーズ-釣果/魚釣り情報/潮見表の記録と検索

釣りSNSアングラーズ-釣果/魚釣り情報/潮見表の記録と検索

ANGLERS Inc.無料posted withアプリーチ

道具

Posted by まぴこふん