【最強とろり!!】家系ラーメンの半熟味玉・煮卵を自作するレシピ【簡単・美味い】 

生活

スポンサーリンク

おいらの得意技。

 

【最強とろり!!】家系ラーメンの半熟味玉・煮卵を自作するレシピ【簡単・美味い】 


あ、素人のおっさんのなのでお許しを。

というかそんなに大したものではないのであるが、こだわりだすとなかなか奥が深い。

嫁が褒めてくれる。

これは京都系。

 

 

ラーメン屋で食べるときは家系が多いのであるが、スープが濃いめ。

ということであっさり味玉が合う。

 

こいつは博多系

 

 

 

でも微妙に味が付いていてほしい、状態を目指した味玉の作り方。

 

ずばりポイントは【湯で時間】と【後処理】

 

それにつきるかな。

 

で、家系

 

 

では行ってみよう。

 

材料:卵8個、あとは大体の台所にあるもの(酢、みりん、醤油、めんつゆ、料理酒、ジップロック)

 

①卵を常温でおく

 

さほど気にしなくてもいいけど冷えていたら沸騰30秒追加がいいかな

 

②卵のおしりに画びょうかなんかで穴をあける

 

これはたまごと殻が割れないよう、そして剥くときに殻と白身の間に空気が入りやすく、殻がむけやすくなるための穴。

さらには膨張した白身の出口にもなる。

 

③お湯を沸騰させる

 

きちんと100度、ぶくぶくお願いしますw

 

 

④酢を大さじ1杯いれる。

 

卵がわれても白身がすぐに固まるのでなにかと役立つ。

化学反応?科学の学習、食物科の学習はこういうところでやくだつのかね。
おいらの入試における歴史と英語力はいまだ活用されていないw


てゆーか税金とか生活に関係するそっちをきっちり勉強したほうがいいよねw

 

 

⑤沸騰したら卵をゆっくり全部入れる

 

スマホのストップウォッチスタート!

この間にボールに氷水を準備。保冷剤とかも活用して、キンキンに冷えた卵さん向けのプールを作ろう。

 

 

⑥強火~中火で 常温スタートで6分10秒、冷えた卵は6分30秒まつ

 

途中卵をころころすると黄身がかたよりにくくなる。

 

ころころころ。

7分でもいいよ、6分台で上げるといい感じの卵になる。

 

 

はずw

 

 

⑦時間が来たらきっちりすくい、⑤で用意したキンキンプールに割れないように放り込む。

 

ひんやり冷めるのを待つ!!

これ、水、キンキンにしてね。

これ重要。

 

そうすると殻もむけやすくなる。

 

 

 

⑧待っている間にタレを用意する

 

めんつゆ濃縮お好み、醤油少な目、砂糖1.5さじ、料理酒・みりん少々を入れ、少し濃いめとなるつゆで中火で沸騰手前で酒を飛ばす。
(なぜなら氷で冷やすので薄まるから)

そんなに量なくていいよ、お鍋の水深1センチくらいw

使いすぎると奥さんに怒られるよw

 

 

ま、大体台所にあるよね。

後で氷をいくつか入れて薄まり、冷えるという算段で少な目ね。

 

 

 

⑨冷めた卵を割っていく

 

水をちょろちょろかけながら、指の平で向いていくと綺麗にはがれる。

半熟卵なので優しくね。

で、冷えていた水を有効活用&つゆに氷を入れる。

なぜなら濃縮のつゆを使っていたから、ここでちょうど氷で薄め、延ばすわけ。

この時点で割るとこんな感じ。

 

今回は冷えた卵からの6分20秒。

 

 

⑩⑧で作ったタレが冷めたのを確認して、卵をジップロックに入れ、たれをかける。

 

全体に行きわたればたれば、たれは少な目でOK。

冷蔵庫の飲料ポケットとか「狭いところ」にいれればタレの量は少な目で済む。

こんな感じ。

 

 

⑪冷蔵庫で3時間で薄めの味付け卵

 

単体だと、このくらいの時間がうまいね。

じっくり濃い目の味付けの場合は半日~1日でしっかり色と味がついてるよ。

 

ごはんに絡めても、メンマと一緒にお酒のお供や子供のおかずとかおやつにも。

もちろん釣りのおやつにもね。

 

 

3時間の味付け卵

 

 

ポイントは6分10秒~30秒、と冷たい水で急激に冷やすこと。

これさえ守れば誰でもできるよ。

3時間おいてこんな感じ。
これ最高よ!!!


醤油系の出汁のしょっぱ系の味と、甘みのある黄身のコラボ。

一度お試しあれ。

たまには奥さんがほめてくれるかも?!

 

負けないぜ、家系の卵にはw

 

タッパーに入れて釣りのお供にもw
ごはんの上で釣った魚との黄身のコラボもw

自己満足の世界だけどねw

週末、親父の威信をかけて、トライしてみては???(^_-)-☆



スポンサーリンク