20160905 勝浦方面 アジのなめろう 狙い のちのマイポイントその2

外房, 釣り

スポンサーリンク

20160905

中潮

各種ブログや侍での情報より、アジの釣果は全くダメな感じ。

春から夏場にかけて外房堤防でのアジでの釣果はほとんど聞かない。
そもそも今(2019)となっては、狙おうともしない。

 

まぁ釣れはするんだろうけど、釣れている密度は非常に薄く情報が入らないのだろう。

気持のいい空。
これは平日だからさらにGOOD。

当日は台風後の大潮を経てからの中潮の上げ。

潮も動くだろう。

本当に和むやつ。
きもちええわぁ。

 

計ったところ、水温は27度前後。

いいなぁ久しぶりの海。

 

 

昔はというか田舎での海はなんともおもわなかったんだけど。

なかなか思い切らないと都内からは外房までくることはない。

 

 

さてと。

まだまだ日差しの暑い中、この日はいつものマイポイントとは別のところに入ってみた。

港の中なので潮廻りは悪く感じていた場所。

さぁ、どうでしょ。

 

 

数人竿を出している。

 

 

堤防途中いた上半身裸のカゴ釣り兄さんに挨拶。

渋いようだ。

 

 

 

彼より先の方にに入るために一応挨拶しておいた。

おいらは誰もいない端に釣り座を構える。

 

 

いい場所だ。
なごむ。

 

 

耳に入る潮の音もよい。

15:00釣り開始。

2本で同じポイントに打ち込む。

 

 

 

棚は少しずらして。

まだ日が高く釣れない。

 

 

 

そうこうしていると、先ほどの彼が近づいてきた。

これもらってくれません?と。

30センチオーバーのソーダガツオだった。

特に好物ではないが、館山とかで祭りになる魚。

どんなものか試してみたく、ありがたく頂く。

途中の釣り人数人を飛ばしてこちらまで足を運んでくれた。

 

 

ありがとうございます。

やはりお互い気持ちいい挨拶がきっかけだと思う。

 

のちに彼は海上自衛隊関連の人であることが彼の同僚の見学により、分かった。
どうりでいい体しているわけだ。

 

夕方に近づいている。

てなことがあり、17:00近くになると隣には地元のノベ師が数人並んだ。

少し日が落ち、過ごしやすく?なってないけどw、

地元の人たちの憩いの場所と時間なんだろう。

羨ましい。

 

 

自分の老後も年金の中、別荘構えて、もしくは住んで、このようにすごしたい。
(無理かもねw)

と同時に遠投のおいらのウキが沈む。

やっほーい。

 

 

フグはやめてね。

綺麗なアジだ。

 

 

よしよし、うれしいぞ。

エラにハサミを入れ、水汲みバケツに。

 

 

コマセをつめて同じポイントへ。

 

 

もう一本のウキが沈む。

久しぶりのテンポのよい忙しい釣り。

 

 

 

連続でくる。

 

 

地元ノベ師はこぞって褒めてくれる。

 

 

今日は沖だっぺぇ、兄ちゃんよかったのぉ、と。

 

 

話によると数日前の台風から魚が入ったらしく、それまで一切釣れていなかったとのこと。

兄ちゃん運がいいよぉ、と褒めてくれたw

 

 

そんな話をしながらアジが自分だけ釣れ続き、1時間の地合は終了。

18:00すぎにはウキも動かなくなる。

 

 

久しぶりに満足のいく釣りを堪能した。

比較的早く結果がでたし、暑くて汗もかいて疲れてもいたので19:30には上がることに。

 

アジ50、もらいソーダカツオ2の納得の釣果になった。

この場所もアジがいれば釣れるということが分かった。

結果的に、2016年度の釣行はこれが最後になった。

 

 

10月から仕事が多忙になり、また実家の親が大きな手術、
泊り込みの研修や、仕事での他部門支援での異動等が重なり、
原因不明の呼吸器系体調不良が3月まで続いたからである。

 

会話していてもえずく感じ。
呼吸器疾患を疑い病院に通ったり。。。。。

 

何を目指して働いているのだ?俺?

よく乗り切ったと今では思う。

 

でももう二度と会社には貢献したくない。
はやく引退して外房に拠点を構えるのが人生の後半の目標になりつつあるw

 

 

乞うご期待?!w

スポンサーリンク