20210626オフショアのライトジギング青物調査を堪能 1日目

その他, 釣り, 釣行

20210626オフショアのライトジギング青物調査を堪能 1日目

おいら的外房アジシーズンも終わり、イシモチ・シロギスシーズンに移行する4.5.6月。

見事にうわべだけの武漢ウイルス対策の緊急事態宣言とも被っている。
というか正月からほぼずっとだよ。

堤防釣りとは少し距離ができている。
別のメイン趣味の隙間が釣りなので困ってはなかった。

けど、その別の趣味が中止継続なので困りだした限界の今日この頃。
でもオリンピックはやるだって?!

都議会議員選挙が来週なので、今回は失政に制裁を下してやる。
その後の衆議院選挙もだ。
バカタレが。

 

1年間の準備の成果

昨年のいい思いから、続けてきた準備である。
飲み代を釣り道具に投入。

ご褒美釣行である。

やっと建前宣言が解除されたので、1年ぶりに旧友と会うのだ。

 

 

潮周りは?

場所は違うけど、ざっとこんな感じ。

大潮の上げだ!!

今回は昼出船。
丁度、下げいっぱいからの最高のコンディション。

動くぞぉ~潮。

 

幼馴染船?のメリット、ポイントまで出向いてやるのだ。
これが堤防釣りではない、移動できるいいところ。

 

⇒ ソルトルアーの釣果 からも青物乱舞祭り開催、期待大である。

 

堤防だと人ごみの中で釣ることになる。
変な距離感やマナーのない輩がいると非常に不愉快、苦手だ。
なので土日は釣りはやらない。

 

そういうのと会わないようにするには、違う場所を準備すべく、金を使うしかないのか?
船好き(乗合ではない)な人も、それがメリットに感じているそうだ。

船はいいこと尽くしやんか!!!

 

出航である

梅雨の合間、天気も珍しくまだましな感じ。

全然予報外れてるけどね。

3週間我慢して宣言明けで出てきたご褒美か?

いざいざいざいざっ!!!

 

ポイントはすぐに到着。
前と同じ、15分程か。

昨年より少しバージョンアップしたジギングタックル。
色々練りに練ったよ、仕事中にw

 


記録:ポイントNO.55

しばらくしゃくりまくる。

投げまくる。

 

HITは突然に

素人が、前回も参考にした見様見真似の釣り番組「釣り百景」や「ザ・フィッシング」のごとく、
久しぶりにあれこれトライ。

でもね、見るだけで色々気づきがあるのよ。

プロの見様見真似だ。

 

60gのジグをボトムまで落として、しゃくりまくる。

 

早速友人は赤いやつ。

サイズも見事。
最高だね。

 

いよいよ、おいらにも

時が来た。

ガツーン!!
ぐんぐんぐん!!!

前の青物の感覚より少しおとなしい。
でも、重い。

 

上げてみると見事なマハタ。
前回のまぐれサーフのハタよりもデカいぞ。

青物独特の小刻みな深く深く突っ込む引きが懐かしいぞ。
ドラグもいい具合に響くやつ。

まぁ、肩慣らしよw

 

 

2匹目を狙う

おいらは青物狙いだ。
しばらく当たらない。

 

少しポイント移動した。


がつーーーーーーん。
40m程の水深の半分くらいだろうか。
絞り込むような強烈な引き。

いわゆるキレがある感じ。
ゆらゆらきゅぃーんん、というのが何回も。

さっきより、より、切れのある引き。
奥へ奥へ。

違うと思った、友人と同じく見事な鯛。
68センチである。

 

これかなり満足。
こればっか釣れてくれてもいい。

 

やはり堤防から釣るサイズとは違うわ。

以前、武漢ウイルス支援で購入した養殖の鯛を思い出す。

大自然の海はすごいね。

待望の青物は?

しばらくやっても、今日は青物は来ていない。去年はあんなに簡単に釣れたのに。
このために新しいタックルも準備してきたのだ。

 

数時間空いた。

 

どんどんどーーーん!!!!

今までにない、強烈な引き。
竿が弓なり、なんだこれ。ごっついタックルも悲鳴を上げる。

 

じりじりじりじりじりじりりりりりいりり・・・・・・・。

しかも何度も突っ込む。
きっちぃーーーー腕パンパン。

 

数十分格闘しておる。

これは絶対最高記録。


記録:HITルアー

出ました!!
20分かかった。
趣味のスポーツ2ゲーム分フルだ。
しんどい、疲れた。

 

自由に海を独り占め。

 

乗合船ではない自分の(友人の)船。

これなら自分でいつでも好きな時に海に出れる。
最高だなぁ。


記録:釣り場ポイント

アジ釣りとはまた違う楽しみがあるのは確かだ。
いずれ来る会社員引退の日。

どんな生活が理想なんだろうか。
自分一人なら自由に何でもできるけどね。
さぁ、どうしよ。

 

釣果は友人に進呈

 

これで晩酌。
最高よね。

 

 

見るだけでよだれが。。。。たまらん。

⇒ 今釣れている青物の釣果