20201017秋の青物ライトジギング釣行 1日目 内房?外房?東京湾?太平洋?日本海?

その他, 釣り, 釣行

スポンサーリンク

旧友。
誰しも過去の記憶とともに存在している幼馴染。

そんな旧友が船を持っていることを、しばらく前の再会時に知った。

なんとまぁ、あのはなたれ小僧がw

話も盛り上がり、小僧から成長したおっさんどもで、釣行を同じくすることに。
(連れて行ってくれたw)

 

20201017秋の青物ライトジギング釣行 内房?外房?東京湾?太平洋?日本海?大西洋?w

企画していたのは夏の終わりの大海原だった。

ご存じのように気候が。。。。
おかしいくらいに雨ばかり。

秋晴れもまだ来ない。

 

週末の確率はなおさらよろしくない。
風・台風・雨・うねり。

堤防釣りとは少し距離ができている。

 

まぁ別のメイン趣味の隙間が釣りなので困ってはないけどさ。
アジ釣りも武漢コロナで釣り場も限られ、人が集中に、気候も悪く、アジも釣れていなかったしね。
おいらの経験上、例年4月から9月はアジ激渋である。

ちなみに最近仕入れたアジの釣果情報は、ページの一番下に。

 

ということで、旧友全員集合!!

準備である。
ミニマムタックルで。


これがエサ釣りにはない、堤防釣りにはない、船のいいところ。

なんとか雨でなく、曇りで持ってくれた。
23区はもれなく雨だ。

 

しかも気温は11月下旬15度という。

 

潮周りは?

大潮の下げだ!!
動くぞぉ~潮。

 

チャーター船?のメリット、ポイントまで出向いてやるのだ。
これが移動できるいいところ。

 

堤防だと人ごみの中で釣ることになる。
変な距離感やマナーのない輩がいると非常に不愉快、苦手だ。

 

そういうのと会わないようにするには、違う場所を準備すべく、金を使うしかないのか?
船好き(乗合ではない)な人も、それがメリットに感じているそうだ。

 

船はいいこと尽くしやんか!!!

 

出航である

いざいざいざいざっ!!!

 

ポイントはすぐに到着。
15分程か。

欲張りタックル、水面下のジギング用のタックルとナブラうち表層向けタックルで!!

普段やらないから急遽入手もあれば、既存タックルの流用即席釣りである。

色々練りに練ったよ、仕事中にw

 

2か月空いたライトジギング。
最高です。

波も0.5mと予報通りだし、船酔いも大丈夫。

 

 

しばらくしゃくりまくる。
投げまくる。

 

HITは突然に

素人が、見様見真似の釣り番組「釣り百景」や「ザ・フィッシング」のごとく、あれこれトライしていると、

プロの見様見真似だ。

 

ガツーン!!
ぐんぐんぐん!!!

青物独特の小刻みな深く深く突っ込む引きがたまらん。
ドラグもいい具合に響くやつ。

 

うひょー!!!タモよろしく、からのぉ、こんにちは。
どーん。

ひらまーさでしょ?。

スナップが伸されて、外れかかっておるw
まぁどっちでもいい。

 

うーん、ブリの子供、堤防イナダが寂しく感じるw

 

 

2匹目を狙う

即座に続けてドーン!!!

 

さっきより、より、切れのある引き。
奥へ奥へ、首を小刻みにフリフリ。


違うと思った、ショゴですな。

 

こりゃきちんと締めて血を抜いたら美味いやつだっ!!
50くらい、最高ですやん。

 

これかなり満足。
こればっか釣れてくれてもいい。

 

やはり堤防から釣るサイズとは違うわ。


海恐ろし。

 

まだやるか?

しばらくしゃくってやるとすぐに!!!

 

どんどんどーーーん!!!!
こりゃまた、少し薄い引き?
すべるような?サバかと思ったら、サゴシでんがなーーー。

 

他にも

 

自由に海を独り占め。

 

乗合船ではない自分の(友人の)船。
これなら自分でいつでも好きな時に海に出れる。
最高だなぁ。

アジ釣りとはまた違う楽しみがあるのは確かだ。

 

おいらも船が欲しい

館山の海にひっくり返らないマイボートでライトジギングを実現。

おいらは今すぐにでも自分のが欲しいんだが。

そしてジムニーシエラのtopに乗っけて。


奥さんはまずはレンタルで行ってこい、という。

自分のボート持っても、きっと今みたいに月に1回とか、さほど行かないから場所も取るし、宝の持ち腐れじゃん?
って思ってるんだって。

 

場所は車の上だから取らないけどねぇ~
って言ったら怒られるから心の中で呟いてるだけだけどね。

 

それは堤防釣り(関東はおいらの満足する釣り場が少ない)だから、さほど行かないのだ。
って言い訳してるんだけどね~。

 

普通に時間気にせず、船で沖にでればこれだけ釣れるの。
早起きも場所取りもしなくていい。

都会でやる釣りがあほらしく感じるよね。

 

タックルを新調?!

うぉー
真面目にライトジギングタックルを揃えようw

 

⇒ シマノのコスパオールラウンダーロッド
110gまでしょえる、これを持っていれば間違いない。

⇒ これに合うリールもコスパ最高の最新SWモデル

 

 

 

 

船初心者には、結局、これが効いた

 

堤防アジが満足できるほど釣れなくなり、過密な一極集中の堤防となった昨今、
沖に出る人の気持ちがよく分かった1日目であった。

スポンサーリンク