20201018秋の青物ライトジギング 2日目

その他, 釣り, 釣行

スポンサーリンク

前日、久しぶりの友人の船で脳汁ウハウハ釣行を堪能させてもらった。
またとない機会を連続で愉しむっ!!

ということで懲りずに2日連続集合して出船。

 

20201018秋の青物ライトジギング 2日目は快晴

天気も久しぶりに晴れてくれた。
かなり雨ばかり。
関東は普段の数%の晴れでしかないようだ、大丈夫か地球?温暖化?

 

 

天気予報は大外れである。
こんなんじゃスケジュール組めないじゃないか。
雨の時に曇りから晴れ。曇りのときに結構な雨。

 

海風を切って走る船。
気持ちいい。

なぜハナタレ同級生がこんないい生活をしているのか?!

 

本日のポイント

昨日のポイントは30mの水深からを狙ったが、今日はもう少し深めの50mのポイントである。
すでに腕はパンパンの状態。

普段使わないジャークの腕の動きだから。。。

帰りに車の運転できるか不安である。
アダプティヴにまかせるやつ。

 

ジャークジャークえいえいえい

 

しばらくジャークを繰り返していると、ひったくるような当たり!!
めちゃくちゃひく。

 

おおおおおおおおぉう~
と腹の底から声が出る。

 

筋肉痛との戦いである。
決してメインスポーツの練習や試合では発揮しないこの力の入れよう。

 

釣りは別物である。
腹には竿尻を当てたり脇下に抱えたりしながら格闘。

ゲット~。

 

 

やはり固定カメラとかじゃないとfight中にスマホで撮影するのはこのサイズだと無理だw

 

以前伊豆のオオモンハタの子供をライトゲームで遊んだときは偶然撮れたけどさ。

サイズも引きも青物だし全然強烈である。

 

 

連続HIT

あらよっと。

 


 

装着には便利なさきっちょ、の専用ツールでスプリットリングを使いこなそう。
指でやると時間の無駄である。


 

ルアーを変えれば、普通にナイスサイズがガンガン釣れる。

友人の勝利のポー図。(ポーズ)
満面の笑みだけど個人情報?非公開w

 

連続で来ると5本目くらいで飽きてくるやつw
だって何しても釣れるんだもん。

 

 

魚探で探って、行けるだろう、と。

予想通り行けました。と。

 

これはこれで楽しいし、土産も小さいアジではなく、市場で買うサイズの大きな魚ってのがまたいいんだけどさ。
堤防釣りも船釣りもそれぞれの楽しみ方があるね。

 

ライトジギングタックルが必要だわ、揃えようw

⇒ シマノのコスパオールラウンダーロッド
110gまでしょえる、これを持っていれば間違いない。

 

⇒ これに合うリールもコスパ最高の最新SWモデル

 

 

 

さぁこれから堤防?船?

両方好きよ。
想像して場所を探っているかどうかわからんスリリングな釣り、ただし人ごみ勘弁。

 

魚探でいることを確定しての安心の釣り、自由だ、そして人ごみでの嫌な思いはしない。

 

ただし維持費、金がかかる。

一番いいのは、


・今の給料で
・海が近くて
・船を持ってて
・今のメンバーで
・スポーツの趣味も堪能できる

って条件。

 

都内では?

海が遠いし、釣行頻度から船はもてるほど余裕はない。

 

田舎では?

船はもてても、今の趣味の友人たちと交流や、収入維持の面が。。。。

 

 

毎回これだけ釣れると、あきるけどねw
贅沢な悩みだ。

 

何かを捨てないと自分の満足する環境は実現できないのか?

そのためにみんな一生懸命働いているんだろうけどね。

 

たまに解放されてやるから、外房でも釣りが楽しいのかもしれない。
若い時の地元でも、帰宅途中や、15分で港だったけど、そこまで毎日釣りにはいかなかったもんなぁ。

 

帰途に就く

あぁ~楽しかった。

 

⇒ コスパなのに、今回一番役に立ったもの!!!

 

 

 

 


という意味でも都会がいい、田舎がいい論争においては個人の価値観だから
本人が幸せだと思える選択をするのが一番幸せだ。

 

と、おっさんは思っている。

さぁ、次回は10月月末の今年後半のアジ調査開始かな。
どこにいこうかな。

 

なんか、ここの情報からは、外房アジが微妙で湾奥アジが祭りらしいから、正直迷う。

 

スポンサーリンク