【イソメの余り長期保存!!】よく釣れる再利用塩イソメの作り方

道具

スポンサーリンク

 

余った青イソメを長期保存!! 【塩イソメの作り方】 残りでもよく釣れる再活用

定番の釣りの餌。
気持ち悪いw

青イソメ  からのぉ 塩イソメ

 

いきなりなんじゃ?と。

 

で、生きが短いのは釣り人ならご存じの通り。

mde

 

 

例のごとく、おいらの釣りでは使い切ることなく余らせることが多い。

勿体ない。

50グラムで400円超。
高い!!!

dav

なので余ったイソメを再利用できるように工夫してみた。

 

そう。

 

塩イソメ。
という、普通のイソメより良く釣れるらしい。

 

こいつを作って年末のイソメを年明け以降に再度使うのだ。

 

mde

年末の釣行でのあまり。
次回も活躍してもらうぞ。

 

 

 

さぁ、塩イソメの作り方

 

1:まず余った青イソメをざるなどでよく洗って、ゴミを流す

あいかわらずきもい。
のでぼかし。

 

 

2:次にビニール袋に入れて、同じ量の塩を入れる。

そのまま1時間くらい放置。
浸透圧で、青イソメから水分が抜ける。

 

 

 

3:汁を捨て、新聞紙等の上にならべる。

 

上から塩を追加でふりかけて、天日で乾燥させる。

いわゆる天日干し。2時間~3時間くらい乾燥。

dav

おいらは漬け込んだり、アミノ酸をかけてみたり

ここでも欲張りである。

dav

乾燥具合を見ながら、この工程を繰り返してもいい。
乾燥時間も、半生が好みな人は塩少なめの、乾燥時間短めに.

あーーーーきもい。

 

 

 

4:最終工程である

 

ある程度乾燥したら、最後に塩を適量まぶしてイソメのケースやジップロックに入れて冷凍庫で保存

もし霜がつくのを防ぎたいのなら、新聞紙でくるんでおくといい。
並べてここに少し塩を追加する。

dav

苦手である。

 

 

5:使う時は、針にかけて使うだけ

 

mde

これならいける。

この保管方法で、1年~2年くらいは全然大丈夫。

かりかりに見えるけど、使用時解凍状態でしんなりした感じになり、エサもちも抜群の状態になる。

 

⇒ 使うときに、これを使って強化するのも効果的!!

 

 

 

毎回500円は勿体ない。
どうせ捨てるなら試してみて!

くれぐれも奥さんや相方の目に入らないようにねw

 

一回大量に買って、これで保存しておけば単価は非常に安くなる。

 

今度使った釣果を上げようと思う。

 

 

エサを安く仕入れる

半額以下で2年分はいけると思う

 

・通販イソメ!

500gって、毎回釣りで買っていたら、5000円分?!
それが半額でいつでも使えるのはいい。
まとめて買って塩イソメ、がコスパ最高かもね。


活エサ SUPER青虫(養殖青イソメ)500g※ノークレーム限定

 

 

・通販アミエビ2キロ(マズメ2回分くらい)

 

2キロで550円、だとコスパいいと思う。

冷凍エサ  国産アミエビ 八切

こういうところで量買って、お得感ださないと税金ばっかりあがるからやってられんわな。

 

 

これを、おとっつあん専用釣り冷蔵庫に保管している。

自分の部屋に!!!
ビールいれたり、コマセやエビ餌、きびなごやサバの切り身用にね。
怒られないよ。
MY冷蔵庫。

 

あ、ビールのおつまみと塩イソメ間違えないでねw
ぽりぽりっ  え?(*´Д`)
みたいな。

 

塩イソメもいいけど、イカタンもあれば釣果に言い訳ができないw

 

 

スポンサーリンク