シマノ フリーゲームXT8.6MLのロッドインプレ~オールラウンドなパックロッド

道具, 釣り

スポンサーリンク

シマノ フリーゲームXT8.6MLのロッドインプレ~オールラウンドなパックロッド

以前、シマノのディアルーナ106Mを持っていた。
サーフやシーバスのベーシックロッドである。
2本継ぎ。

何が言いたいかというと、10ft=3m超、つまり1本で1.5m。
画像スクロールするだけでも長いよね。

 

ロッドはハーフでも子供の身長くらいある。
そして宅配便では梱包すると断られたり、追加料金取られたりする長さである。
使い込む予定がないディアルーナ。

なんとかして106Mは売却、危ないところであった。

 

パックロッド化を進める

長い竿は2ピースでも場所を取る。

でも、釣りたいときにその長さや強さがあるとやはり役に立つ、ということで導入したパックロッドである。
色々最近パックロッド化してきた次第。

dav

8.6ftはヤマガブランクスのメビウス8.6Mが手持ちだった。
硬めのMモデルで軽くていいロッドだった。

こいつを入れ替えたのがフリーゲームXT8.6MLである。

 

フリーゲームXT 8.6MLを購入

dav

格納ケースがまた強靭で、荷物が崩れてもびくともしないと思う。

ケースの長さ

全長62.5センチ × 直径9センチ
かなり硬質なケース

竿の重さ

115gだ。
5Pにしては優秀では?

ガイドやグリップ近景

dav

先端とかも。

dav

高級感はないけど、まぁ悪くない。

dav

 

8.6ML狙いの釣りは

この竿はお遊びエギングからジグサビキから太刀魚とかちょいなげキスなんかで愉しみたい。
そう、なんでもロッドの短い版を担ってもらうつもりだ。

以前一度、遠投サビキロッドが穂先折れで、急遽メビウス8.6Mを代用したことがあったw
耐えてくれたよ。

28グラムまでのジグ。
チョイ投げでも20号まで背負える。
2.5-3号のエギにもばっちりだろう。

 

Mではなく、敢えてMLにしたが、おいらは硬い竿は苦手なのだ。
ラインをしっかり指に乗せられないのか、投げにくい。
ごくごくまれに、海面をうつことがあった。

旨くしなりを使って投げるのに助けられている初心者?
これは好みの問題かな?

 

しなりの具合は

dav

例のごとく30センチ超くらいのアジ・40センチ超のカマスの場合、300g程度のしなりである。
デカいよだいぶw

でもまだ余裕あるし綺麗なベントカーブである。

 

タックルバランスは

8.6ftに一般的なリールサイズは2500-3000番サイズ。

dav

手持ち3000番のリールをつけてバランス的にはいい感じでは?
C3000番でも全然OK。

ただ、ヴァンキッシュなんかの軽いリールは、もっと軽い高級ロッドの方がいいだろうね。

 

メリット

mde

とにかく仕舞がミニマムで場所を取らないので、保管もしやすいし、持ち運びもハードケースなので気を使わない。
ブランクスのしなり具合も自然で、重さもそこそこ、トータルでコスパ最高。

デメリット

うーん、あんまり感じない。

が、移動の時は微妙なバランスに分割されるw

dav

先が余るか、胴が余るか。

 

dav

1ピース外せば綺麗にそろう。
5本継ぎだからね。

 

理想の釣りに

ミニマム化計画、ルアー関係のパックロッド化推進はこの1年で拡充。

⇒ ソルトルアー釣果でも使用感を参考にした。

 

パックロッドでは、5.3ft、6.3ft、8.6ft、9.6ftの4本体制

2ピースロッドでは、6.1ft、7.6ft

 

意外とコンパクトになり、場所を取らないので、今の都心居住の釣り方や頻度ではこれで充分な感じかな。

もし本格的に海の近く居住なんかの場合は、2ピースにするかもだけどね。
その時はつなぐのだけ面倒だから。