20141024 勝浦方面 アジ 新ポイント2回目 爆発

外房, 釣り

スポンサーリンク

20141024 北北東2メートル

大潮 満潮16:21 干潮22:53  

小雨はいいけど風はいやだ。


1週間働くと釣りに行きたくなる。
2週間目でいてもたってもいられず。

 

ということで前回いい思いができたポイントへ行くことにした。

15:00すぎに到着しお店でコマセ2個とアジパワー2個を購入。

 

最近の釣果を聞いてみる。

 

予備はこいつ。

常備しといたほうがいいよ。

 

まぁどこで聞いても明るいうちは食わない、と言いますわな。
そうだと思います、基本的に。

 

今回はまた仕掛けを補充してきた。

そう、細いハリスのサビキを拡充したのだ。
4・5号サイズまで。

大体4~7号までのサイズを揃えてみた。

 

ちょうど満潮付近からの釣り。

 

 

下げていく動きのある中での釣りになる。

船用のスロープ脇の落ち込みは波に洗われちょっとした渦ができている。
いる場所からは結構普通になげてもその程度しか飛ばない。

 

そのスロープから投げればいいのにねw

 

一通り準備をして地合を待っていると、軽装アジング2人組が声をかけてきた。

 

まだ来たばっかりというたわいもない会話。

 

彼らは先客のいる堤防先端に行くらしい。
まぁ3人なら入れるか。

最初はヒイラギだった。。。

 

 

僕は遠慮してのんびりと座りながら。
カートにもイスにもなる。

 

 

17:00頃2個あるウキの1つが沈んだ。

アジじゃん?

 

 

まきまきまきまき。



アジでーーーーーす。

 

 

こんにちは、お久しぶり。
ようこそ。

 

 

そこから連続確変の開始です。

 

 

いきなり回ってくるんだね、アジって。

 

 

いつもながら今までの静けさからの変化に驚き。
1つあげたら、もう1つ沈み、と、いいサイクルで釣れてくる。

 

間隔もほぼ空くこともなく、飽きることもない。


4号のサビキと5号のサビキ。
MIXと白を使っていたが、ここはMIXがよい。



この違い、その時によって違うから面白いよね、自然って。

 

堪能して一息。

 

ヒイラギやボラが1つあがったけど、ここでアジ*34、ボラ*1。

 

19:30くらい。

 

 

うしししししって気持ちでウキを見つめていると、先ほど先端に入っていった2人組がお帰りに。

 

どうですかー?
と聞かれたので、ぼちぼちですねぇ。

 

と本当は自慢したかったのだけどありがちなお返事。

 

 

と、お二人からすごいお返事が。

僕ら二人で70くらい釣ったんで先にあがりますねー
もうお腹いっぱいーーとのこと。

 

 

満面の笑みです。

 

 

アジングで?
そうらしい。

 

なんと!!
隣のエサ師もつれてましたよー、との情報を頂いた。

 

すっかり、アジのあたりも落ち着いていた自分は、まだ釣れているなら釣りたい、と
動かせる荷物をもって先端を偵察。

 

エサ師は1人、他にもスペースはありそう。
やはり釣れているそうだ。

 

挨拶をして入れてもらって竿も荷物も移動して準備。

投げると1投目からウキが沈む♪

 

 

なんてこった。
幸運すぎる。

 

感じよくお互い挨拶しているといいことあるんだ。
こっちも気持ちいいもんね。

 

同じ趣味を楽しむものどおし、挨拶ぐらいはしないと相手も気分悪いから。
すくなくともおいらは。

 

先端気味で潮通しもよく水深も先ほどより深い。
大体4ヒロくらいはあろうか。

 

魚影は濃いようで、投げ入れて落ち着くとすぐに「ぴくぴくズンっ」の繰り返し。

 

 

なんと20:00から0:00まで当たり続けた。

 

 

最後の方は仕掛けもよれよれで、からんでお祭り状態の6本バリが1本しか生きていなくても
その1本に当たるという。

 

これ以外にバケツぱんぱんw
コマセがなくなり、終了。

 

いやぁ十分やわー。
クーラーがそんなにおおきくない中でこの日は潮氷締をしていたので思いのほか重いし、パンパン。

 

血抜きと氷締めの違いも経験したくて両方やってみた。

 

あーーーー忙しいぜ。
程よい疲れが残っている。

 

るんるんドライブで深夜の帰宅。
2時間で到着。


(内臓ぐろいのでw)

 

 

地獄の捌きがまっていた。
(これ一部w)

結局 後半でアジ*80、キスやタナゴ。
アジだけで午前とあわせて114匹、と満足な結果に。

4日ほどアジづくし。

1匹半身をあつあつご飯でぺろりといくのが最高にうまい。





居酒屋では新鮮じゃない魚はたべられなくなってしまった。



 

 

 

この日、活躍した道具達

スポンサーリンク