20160320鴨川方面、仲良しトリオで突撃車中泊のカゴ釣り&アジング 

外房, 釣り, 釣行

20160320鴨川方面、仲良しトリオで突撃車中泊のカゴ釣り&アジング

20160320 鴨川方面の港、TMYZPでの記録である。

冬場はどうも寒くて苦手、確実に毎年行動範囲が狭くなる。
前回の釣行からまたもや数か月。

 

釣果情報を漁る

⇒ 房総の釣果情報を参考に、ブログや釣果情報で状況を漁る。

ユーチューブで『南房総の某港での日中アジ』、というのを確認できた。

ほぉぉ。

この人は若夫婦でやられている。
最近は子育てで忙しいのか、見かけないけど。

 

集合する

われらは調べ上げたその場へ調査に行くべく、集合w

実は日中、継続している某スポーツの、中野区の大会に参加してからの足掛けである。
この日も1台で3人が行くことに。

拾ってもらいビールを飲み、後ろ席で気持ちよく、たまには横になり。
この釣行最高だわね。

 

到着

昼出発だったので意外と空いていて、ナビに従い目的の漁港に到着した。

おいらは疲れも酔いもあり、非常にテンションが高いw。

釣れるかはわからないけど、数週前に釣れていた初めてのポイント。

うん、車も自由に停められるしいいところだ。

 

環境は?

天気としては基本北風が強め。
アクアラインは晴れていたけど、港は曇り。

雨もポツポツ降ってくる。
ルアーマンが入れ代わり立ち代わり。
シーバスかな、

釣り開始

奥の先端側に準備、2組くらい、入っている。チヌ師だ。

手前でカゴ準備をして投げ始める。

釣れない。

先行の2組も釣れていないのかお帰りに。

外海からの波が堤防を部分的に超えてくる。
初めての場所でもあり、常夜灯もあるが真っ暗に近く、また堤防も低く少し怖い。

 

納竿

2本バリエサで継続も、20:00過ぎに雨粒が大きく、寒くなり納竿。
初心者女子には少し過酷だったかな?寒いしね。

車中泊すべく、移動し暖を取りながら晩酌。

雨がますます激しくなる。
嵐だ。

日中の試合の疲れもあり車中で寝ることに。

ZZZZZ。

 

未明に起床

すごい爆音で飛び起きる。
なになに????

いびきであるw
SUVで倒した運転席、おいら後ろで横にっている真上でのいびき。

笑ってしまうほどのいびき。
そう、この男友人はいびき爆弾を持っていたのだ。

合宿などでは周知の事実であったが忘れておった。
仕方なく女性とおいらは別の施設に雨宿り。

というのを繰り返し、時間的にも3時を過ぎたころ、雨も収まり軽く風の程度がそよぐ感じになった。

 

日曜朝なので場所取りだ

いびきもあり寝る事は出来ないので、朝マズ目場所を取ろうと、提案。
当然3月の4時頃で、まだ真っ暗で寒い。

いびきの犯人は渋るけど強引にw
こんな時は単独釣行がいいな、と。

 

場所確保

いそいそと昨晩の堤防先端を確保。
準備万端。

おいらと女性はカゴサビキ、もう一人はアジング。

しっかり着込んだ。

女性はカナダグース着てるけど、足元が無防備。
ノースフェイスのトレッキングシューズで、状況をわかってはおるようだが春前の寒風の海は・・・・・

やっぱ長靴最高だぜ!w

2000円台なんだけど、釣りだけでなく、最近多い都内の雪のときに家の周囲の雪かきなんかに重宝。
コスパ抜群。

これがいいのよ

すごい沢山の人がくる

そうこうしているうちに次から次へとアングラーが来る。

まともに水深がありそうなところは、自分が入っているところくらいだ。

船道で3ヒロ半ないくらいかな。
界隈のアジ狙いにしては浅い?

 

時合い開始

空も少し明るくなってきたとき、祭りは始まった。

船道に投げ込んでいたウキがすこんっ。

 

きたんでは?

まきまきまきまき。

アジっす、おはようさん。

しかも25センチオーバーくらい。
でかいっ!!

目立つ、うれしいけどw

場所的にも人が多くなっており、狭くなっていたので
仕掛けを同じ場所に投げ入れ、女子に竿を渡す。

 

ルアーには当たらない

友人はジグを投げる。

女子のウキが沈む。
はい、またアジです、こんにちは。
これまた結構サイズでかいです。

連続。

 

周りのアジンガーはガンガン投げるも全く釣れない。

いわゆるアミパターン?
おいらと女性のエサとサビキのみに当たる。
おいらは女性の仕掛けと外しと投げの対応で釣り出来ず、おとうさんの気持ちw

興奮してくれているので、まぁいい。

 

マナー違反

狭い堤防、投げている真後ろにまでルアー屋さんが入ってくる。

挨拶なし

しかし、狭いところの真後ろだよ。
だいぶむかついたけど、まぁこちらが投げようとするときにしゃがむのでよしとしよう。

先行者が悪人だと、後ろに入ったことを知らなかったふりして、
わざと引っかかるように竿を振りかぶる人もいる、と聞いたことがある。
〇湊とかね。

存在共有の為にも、軽く声がけすべきだ。
ちなみに声かければ入っていい、というのでもないけどね。

そして女子は数匹あげる。
彼に「調子いいですねぇ」、と褒められる。
あんまりいい気分じゃなかったけど「エサだしねー」、と返答。

 

一番ダメな奴がいた

そうこう入れ食いを堪能させていたところ、
その彼の連れらしき人間が、われわれの投げているところ、エサをつけている間に、スっ、と入ろうとした。

そこはわれわれが投げているところ。

おいらが「おいっ」て声をかけると同時に、「そこはダメだよ」、ってさっきの彼が抑制。

当たり前だ。

 

そんな入り方はおいらは許さん。
まだ普通の感覚の持ち主が連れでよかったよ。

危うくけんかするところだった。
ここもこんなのがいるんだなー、次はないなー、と思いながら地合終了。

 

時合いの結果

周りはアジんがーさん、誰も釣れなかった。

朝の8:00頃にはずいぶん強風になり、横にいた団子師に場所を譲って帰宅準備。
そのころには彼1人になっていた。

水没

片付ける最中に事件。
ビクの水を捨て、堤防を洗おうとしていると、軽くなった三脚が風にあおられ見事に入水 (泣)
ゆっくり沈んでいく・・・・

 

釣果のほどは

サイズもいいし、自分たち2人だけ入れ食いというのを堪能させてもらった。

いいサイズのアジ20尾。

あ、おいらコマセ詰めと投げる役目だったかも。。。。
ほぼ2人で釣ったのだが、アジング1名w

 

1名だけ釣れなかったので、3人で分けた。

 

30センチ近いのがあると5匹くらいでも満足だね。