20181226 勝浦?東京湾奥?のアジ釣り 束超え? 2018年度〆の釣果は?!

東京湾, 釣り, 釣行

スポンサーリンク

20181226 中潮 

晴れ 満潮19:00

 

 

11月は過去の釣行のとおり、工夫の結果は偶然か?




そして前回12/7の釣果w

まぁ、どうだったか。
2連勝、とてもいい釣りができた。


検証継続、年末までにまだ1回は行きたいと思っていた。
予備エサもまだあるし。

 

 

1月は寒く

 

2月は雪

 

3月は荒れる、というのがここ最近数年の天候と自身の動きから。

 

そしてこの2018年の12月は28日に強烈寒波がやってくる、という予報。


この年最後の釣行として考えて有休を取得

 

情報収集によると東京湾内のアジ釣果がよさそうなブログをいくつか拝読した。

 

でも個人的には鴨川有料道路や大多喜街道等とか走りたい、気持ちよく。

新車の慣らしもかねて。

ということで、ちょうどお昼に出発。

 

首都高に乗ったとたんに4号線から渋谷地下にかけて真っ赤な渋滞。
これはバイパスしてやろう、と幡ヶ谷で降りる。

 

そして初台一般道オペラシティーを右折。
しめしめ。

 

と初台南も渋滞。

 

ここも飛ばして渋谷より南ではいるか。
と山手通りをドライブ。

 

池尻で入るようにナビが行ってくる。
でもまだ混んでるやん。

 

もう少し南から入ろう。
と南下。

 

目黒を抜け、大崎方面へ。

 

入り口がないwww
知らなかった。

 

入れないの。


そういえばいつも地下走っていると池尻より先に合流はなかったか。。。。
しくじった。

 

次のルートだ、ということで六本木方面へ。

右折レーンがずっと渋滞( ノД`) 
これは湾岸にでるルートですやん。

 


無理やぁ( ノД`)シクシク…

師走、金曜、月末の首都高。。。。

 

帰ろう。

 

千駄ヶ谷まで戻ってきた。
これまたずっと渋滞中なので色々考える。

 

きちんとつけておきましょう。
保険の一つです。

 

 

 

すでに家を出て1時間。
いる場所は六本木界隈をぐるっと回って自宅から電車で10分ほどの場所。

 

1時間以上かけてなにしてんねん。
13:00すぎ。

 

このままだと外房は到着が16:00になるからね。

 

 

新宿で高速を降り、初台甲州街道でトイレ。

 

 

 

うーーーん、このまま帰るのは。。。。

 

これはブログで探した東京湾内のポイントに行ってみよう。

 

せっかくの休み。
12月10日前後から群れが入っている様子。

 

ということで、今後は初台南から渋滞覚悟で入る。

dav

全然空いてる、すーいいすい。
順調であるやないか。


なんやそれ。
すぐにアクアラインを抜けた。

 

今回の場所は一般道で近づく。

 

広い道を右往左往しながらポイントに到着。
車が10台ほど。

 

年末の平日の昼間。
いろんな人がいるよね。

自分も含めてか。

dav

 

 

 

うん、気持ちいい。

たまらないよね、海。
泳ぐの苦手だけどw

 

このポイント、足場はいいけど少し高い。

 

狙える魚も色々あるようだ。

 

カゴの準備をしている人に声をかけ、少し離れたところで始め、14:30頃から投げ始める。

 

コマセと仕掛けを準備。

dav

 

配合はもちろん自身の工夫したコマセの配合。

 

アミエビは前回の残りを使用。
遠投カゴサビキと遠投カゴ2本バリ。

 

棚は見た目の景色に比べどんつき深く感じる。
但し、情報によると岩礁につき根が厳しい様子。

 

 

こんなところで釣れるのか?

と半信半疑ながら、風景を撮影したりしていると数投でウキが沈む。

 

14:30過ぎだよ、まだ。
普通に重い。


来たのは太ったウミタナゴw
こいつが2連続。

 

まぁいいや。
生命反応はあった。



と、そこからなんとアジ。
まだ15:00なってない。

 

それもサビキに2・3匹が付いてくる。
ウキが勢いよく沈まない。

 

よこにぴくぴく、寝たり、という当り。

 

小さい?
というほど魚は小さくもない。

 

後でわかったが8号のウキに6号のオモリだったwww

 

ほんとはね、赤がいいらしい。
なぜなら魚の視覚に入らない波長なんだって。
おいらは文系だから知らないけどw


そりゃ浮力が強くて自分の好きな沈み込みはなかなか厳しいよね。

 

しかし連続で来る。
2本バリよりサビキの緑がヒット。

 

竿2本出しで交互に漁る。

 

1匹重量感のあるサバが混じったのでサバ折して内臓を即座に取り除く。
このサイズはうれしい。
しめさば作ってみることに。

 

常連のおじさまが近寄ってくる。
ここは2ヒロくらいの棚でいいようだ。

 

もっと深いけど。
自分も3ヒロくらいは取っている。


去年なんかは数はでなかったけどサイズが30センチ以上とかだったとか。
今はサイズは20センチ前後で数が出ている。

 

18:00まで釣れ続いた。
潮は右から左に。

 

あー疲れた。
少し投げ込んだウキの動きがなくなり休憩。


忙しくてビクがパンパンになってもクーラーに移し替えられずだったので、数えながら移す。

 

 

アジは70匹。
30分くらい休憩したかな。

 

友達に報告したり。
夕食食べたり。

 

10mほど離れたとこでやってる常連さんは合計10匹いっていないくらい。

 

 

そろそろ片付ける

 

か、と思ったときにまたウキが沈んだ。

 

継続のアジ。
確変継続でここからまた忙しく当たる。

 

違う群れが来たようだ。

 

38匹のアジを新たに追加。

 

 

20:30にはコマセもなくなり、クーラーもいっぱいにつき、納竿。

dav

 

 

アジ108、サバ1、ウミタナゴ2と、
11月以降工夫をした3連荘釣行で自身の仕掛けやコマセの工夫で満足のいく釣果を出すことができた。

 

 

 

ただ、リフレッシュや釣りの爽快感はいつも行く勝浦方面の方が好きな感じ。

 

 

 

ぷりぷりというより、べたっとしたような?
魚自体は結構脂が乗っており、包丁にまとわりつくような?

 

おいらは外房の金アジの方がすきかな。

 

あ、でも南房総のデカアジも硬い身だったから時期的なものとか個体的なもの。
場所的なものなんかがあるんだろうな。
マアジが好きで青アジや丸アジは釣れてもうれしくないかんじ。

 

だったらサッパのほうが好きだ。

サバはサイズがあればウエルカム。

贅沢なw

mde

 

一夜干しにして冷凍保管にしたり、まご茶漬けにして堪能した。
(絵面考えずに盛り付けて後悔・・・・)

 

 

mde

というような2018年の締めくくり。
満足できた。

2019年はどんな釣りになるだろう。


早く引退してストレスのない状態で釣りとかスポーツに自分の人生を楽しみたいなぁ。

 

日々の通勤電車で氷河期世代はどう過ごすべきか、考えるのである。。。。

うーん、悩ましいw     

スポンサーリンク