国産車のスマートキーの電池交換方法(トヨタIQ1300)

くるま

スポンサーリンク

国産車のスマートキーの電池交換方法(トヨタIQ1300)

 

この記事でわかること

・車のスマートキーの電池交換の方法が分かります。
・200円くらいで5分あれば交換できます。

 

我が家の奥様号、トヨタIQ。
IQとしては1000CCに続き、2台目。

 

1300CCの力強い、横から見るとマンボウのような車。
メルセデスのスマートと散々悩んで購入した、奥様のご指名買いの車である。

奥様のトヨタIQ1300
これでも立派な、無駄なサイズの普通車w

奥様曰く、運転しやすいから大好きなんだとか。
ほんと、無駄なサイズの普通車だけど、今やレアカー。

32,34スカイラインGT-Rみたいにプレミアならないかな?w

 

新車からは7年目か?

確か2014年登録のモデル末期の車。
7年目くらいかな?8,000キロ走行しかしてないけど。

しかも武漢ウイルスで2年で1,000キロも乗っていない。

 

Left Caption

おくさま

あれ? ドア開かない!
ボタン押しても「ぴっ」って言わない!

そう、スマートキーの電池切れ。

正規Dだと1個1,000円と、高いので自分でやってみる。
備忘として、2021年11月23日の記録だ。

 

用意する道具と手順

これを見れば、だれでもできる。

 

用意する道具

電池はボタン型リチウム電池を使用。
スマートエントリー&スタートシステム搭載車の電池規格は調べてみるとこちら。

工具は中くらいのマイナスドライバーとミニのマイナスドライバーを使用。
2千円くらいであるから安いもんだ。

手順1:メカニカルキーを外す

スマートキーの分解

サイドを指で押し込めば、物理キーが抜ける。

 

手順2:そこに溝があるので、中くらいのマイナスドライバーで軽くこねる

スマートキーをマイナスドライバーで開ける

抜いたら、長方形の穴があるので、マイナスドライバーでこじる。
そうすれば簡単にパカッとOPENする。

 

手順3:開いたら電池交換する

スマートキーの内部

電池を外すとき、ミニのマイナスドライバーを使用すると取りやすい。

 

手順4:で、フタを閉じて、メカニカルキーを差し込んだらおしまい

スマートキーの電池交換

電池を載せ替えるだけで終了。
簡単にはめ込んで完成する。

 

IQスマートキーの電池交換、まとめ

ディーラーで交換の場合、1個が1,000円以上したはず。

自分で交換すると、1個で200円くらいで済む。

 

トヨタIQはじめ国産車

スマートキーには電子的な設定も無いので、是非自分で交換することをオススメします。
このボタン電池で対応可能。

経験上、2年に1回は替えておきたいね。

スマートエントリー&スタートシステム車

おくさまのIQは ”スマートキー&ボタンスタート” タイプなので、こちらの規格のボタン電池だ。

スマートエントリー&スタートシステム非搭載車

非搭載のひねるタイプの場合は、こちら。

輸入車は規格が違う

こちらも2年に1回くらい替えておけば安心かな。

<<最新carlifeはこちら



コロナ生産調整で、予約しておかないと例年以上に入手困難が予測される。
>>22ステラ 発売

 

>>冬の夜釣りでも全然寒くない!! 電熱ベストのバッテリー相性の記事はこちら