序章 理論武装~準備 房総半島 アジのポイント・釣り方

きっかけ, 釣り

スポンサーリンク

2014年にかけて。

若いときはバンバン釣っていたのに、なぜ、関東では釣れないか?

アジごときもつれない。
いないのか?

 

いやいやいや。いるでしょ。

 

東京湾のアジ、って走水のアジって聞いたことあるもん。

調べるしかない。どうやったら釣れるの?

 

場所?時間?方法?ネット?本?新聞?SNS?

検索したり購入したり。

 

取り急ぎは自分が簡単に釣っていた、そして釣れると思っていた「アジ」を釣ることを目標に。

 

なぜなら、アジングというゲームがあって盛り上がってるという記事や、
釣果が都内在住の人のブログで散見したから。

自分にだってできるはず。

 

 

調べていくと。。。。。

 

 

場所と季節と時間が重要であることがわかった。
場所:潮とおしのいいところ
あんまり気にしたこと無かった。
田舎では防波堤でどこでもつれたし。

 

どこがいいかなんて考えたことも無かった。

 

 

季節:秋口から冬
これも冬とは考えなかった。
寒いの嫌いだし、南ではそんなに狙わなかったから。

なんかこちらの千葉方面では12月から2月頃までつれると。
ほんと???

 

時間:夕方まずめは、わかる。でも朝は眠い。
贅沢なつりを田舎ではしていたんだと。
2時に起きて5時に釣り場とかできるんだろうか?と思いながら。

 

 

こんなことが記事から読み取れた。

 

 

WEBとか見る限り、釣り餌屋の釣果情報でも状況をチェック。

 

今何が釣れているか、ネットだと数時間のタイムラグで情報が入る。

 

上記、まだまだ足りない情報があることはのちにわかった。
たとえば仕掛けとかね。

でも、まずはなんとかアジングというよりアジを釣って食べたい、という目標ができた。

アジごときで、ってその時は思ってた。
奥が深いというか年単位で釣果が変わるとは思ってもいなかった。

 

必要な道具として既に用意していたがルアー各種にツールBOXにクーラー、fishグリップ
フックにラインにライトにfishグローブ。



いろんな物がいるようだ。

必要最低限からそろえていこう。

主にネットで買いあさった。

格好だけはw
釣れそうな感じ。



スポンサーリンク