ロレックス高騰の維持費を比較|OH・売却・レンタル費用どれがお得?(2022年)

ファッション

ロレックス高騰の維持費を比較|OH・売却・レンタル費用どれがお得?(2022年)

この記事で分かること。

高級腕時計は10年使って

▼オーバーホールする?
やってみた値段や方法は?

▼売りに出す?
今2021年、高価に売れるよ~?

▼借りて使う?
無いと困るから今は借りてみる?

2021年現在、一番お得な方法はなんだろう。がわかる記事。

 


参考:奥のIWCの交換したベルト

以前、手持ちの時計を、正規店の日本ロレックスでオーバーホールした。
記録は、忘れないように書いた。

機械なのでメンテナンスは必須である。
メンテだけでも高価だけど仕方ない。

Left Caption

おくさま

メンテで ”7万” って維持費だよね?
Right Caption

まぴこふん

おっしゃるとおりでございます。
Left Caption

おくさま

たかっ!!

 

おいらのオーバーホールの判断

2017年の記録。

OHの手順書と保証

個人的に目安は【パワーリザーブの期間、日差の程度】だ。
それぞれ ”短くなったり、ズレが出てきたり” が、トリガーになっている。

結局、機械式時計は ”10年に一度” は オーバーホールで数万円飛んでいく。

 

オーバーホール専門の修理店

修理業者によってOH代は 概ね正規修理店の ”半額~7割ほど” の価格が相場だ
この価格は非常に魅力的だ。

 

修理店のいいところ

修理専門店でのOH~いいところ
OH代が安い(正規修理と比べると、半額~7割程度で済む)
・正規修理と遜色ないOH内容である
・正規修理より仕事が早い
見積含む、送料往復無料もある
修理専門店でのOH~微妙なところ
・OH履歴はもらえるが、正規OHほどの付加価値はない
・安心感は正規修理の方が上

 

有名なオーバーホール専門店5社の価格比較

同じ条件で比較した一覧がこちら。

まとめると、
正規店70,000円くらいに対し、【期間は1か月半で、40,000~50,000円くらい】で収まる。

 

スマホの場合は横にスライドしてくれい。

⇒⇒⇒スライド可能

店名 日本ロレックス WATCH COMPANY リペスタ シエン 千年堂
OH料金例
(ロレックス自動巻き)
50,000円程度(税込)~ 25,300円(税込)~ 27,500円(税込)~ 25,300円(税込)~ 31,900円(税込み)~
納期 見積:7日
OH:約30~40日
見積:3営業日
OH:約14日
見積り:7~14日
OH:約30日
見積:5営業日
OH:約20日
見積:7-14日
OH:約30日
保証期間 2年 1年(ATQは6ヶ月) 1年 1年 1年(ATQは6か月)
特徴 正規ギャランティー ・年間修理実績25,000本以上
・国産メーカーは対象外
・OHと磨きを分けられる
・往復送料無料(見積キ
ャンセル時も往復無料)
・OHと磨きを分けられる
・見積キャンセル時は返送
料必要
・実績45,000本以上
・HPはダサいが仕事丁寧
総合評価 ★★★★☆ ★★★★★
カード可
★★★★☆
銀行振込or代引きのみ
★★★★★
カード可
★★★★☆
カード可
自動巻き
部品除き同条件比較
50,000円~
(磨き込み・修理部品除き)
36,300円~
(OH25,300円+磨き
11,000円・部品除き)
38,600円~
(OH27,500円+磨き
11,000円・部品除き)
34,100円~
(OH25,300円+磨き
8,800円・部品除き)
31,900円~
(新品仕上げ込み・部品
除き)
おいらの
主観
・高い
最低70,000円~は確実
・仕事が早い
・三番目に安い
・現金が必要 ・二番目に安い ・一番安い
・名前もHPもダサいw
けど、実績多数で親切
公式サイト 📌日本ロレックス
公式サイト
📌WATCH COMPANY
公式サイト

📌リペスタ
公式サイト

📌シエン
公式サイト

📌千年堂
公式サイト

 

右端に一番コスパなところが来てしまった。
見てくれてありがとうだね。

ロレックスベースで比較したけど、以外のブランドの価格表があるから参考にしてみるといいよ。

Left Caption

おくさま

半額でできるとこもあるんじゃん。
Right Caption

まぴこふん

意外とあるんで安心したよ。
庶民の味方だわ。

 

時計修理店でのオーバーホールまとめ

機械類は車の車検と同じでメンテナンスしないとダメになる。

なので、必須の費用であるが、ブランドfeeを省いて、
きちんとコスパでOHできる専門店があればそちら方が確実に安い。

 

修理専門店は自分の使っているブランドは網羅しているので、
正規メンテではなく、修理専門店でメンテがメインになることでお財布にも優しくなった。

以下は、上の一覧での ”おいらのロレックスの場合” の一般的な結論だ。
ただ、人それぞれ、時計それぞれで見積もりを取ってやってもらうのが一番いい。

スピード重視(仕事が早い)

約3週間で手元に戻る
他は1か月半くらいかかる。

⇒ WATCH COMPANY

 

一番安い(磨き無し、OHだけ)

OHと磨きが分けられ、25,300円~。

⇒ 時計修理専門店シエン

一番安い(磨き込み)

HPはダサいけど、親切で信頼できる。
磨き込みOHで31,900円~。

⇒ 最高技術 千年堂

普通のよく見るブランドなら大体メンテナンスできるよ。

 

 

今(2021年)なら、OH代がかかる前に売却するのもいい

Left Caption

おくさま

すごい値段あがってるんだね。
Right Caption

まぴこふん

中途半端なの5個より、1個ロレックスにする方がいいかもね。

 

 

今、武漢ウイルスの影響でスイスでも時計製造は追いつかず生産量も限られ
一方で、人がお金を使うところもないので贅沢品や時計に目先が向いて、価格が爆上がり
ビジネスの場で行くと、同じように半導体も手に入らないよね。

⇒ 時計ネタ

 

 

オーバーホールでメンテ代をいくらか出すなら、いったんここで売却して現金に換えておくのも手としてはあり。
ロレックスなんかは数年前の2倍くらいになっている。

おいらのは以前40万だったのが、今80万の買取値がついているから正直迷っているところw

 

 

売ってしまうと困る時は・・・借りればいい

最近流行りのサービスだ。

ROLEX、パネライ、IWC、OMEGA、ブライトリングなど、そうそうたる人気のメンズブランド腕時計を
月額制でレンタルするサービス。

 

主な特徴

レンタルしたい商品を選択、会員登録が完了すると商品が郵送で届く。
WEB&郵送のみで完結、返却も郵送。

 

4つのプランがあり、月額3,980円(税込4,378)~ で 高級時計を借りられる
腕時計は好きに交換可能だ。

日常使いでのキズや汚れは全部先方負担のため、安心。

 

こんな時にメリット大!!
☆冠婚葬祭でしか使わないとき
☆欲しい高い時計を事前に日常で試着してみたいとき
☆気分で時計を変えたいとき
手持ちは現在は高値売りし、戦略的に借りておきたいとき

☆維持費を考えると、サブスク方式で安く抑えたいとき

 

 

中期計画

おいらの自動巻き三銃士。
全部で150万くらいになるかな?無理かw

さぁどうするべ

おいらが今考えている、”今後3年間くらい” を見据えた資産活用の事例だ。

📌現在 : 時計が高騰しているときに売る

📌現在~近い未来 : サブスクで借りて、次の時計の目星を付けておく

📌ウイルス抑制後 : 高級時計は価格が落ち着くから、そこで買う

 

確実に起きるであろう ”武漢ウイルス禍の現在” と ”武漢抑制後” の時計価格の差額 で、
次の時計はステップアップできる可能性は大きい。

中期的視野で実行力のある人が実現できる、一番賢い中期戦略かもしれない。

 

Left Caption

おくさま

長い目で見ると、今は売り時なのかもね。
Right Caption

まぴこふん

あとは実行力あるものが、未来に富を手にするのかもね。。。

 

ギアは動かしてなんぼなので、保管方法には気をつけよう。